【編集後記】ホワイト/シルバー系の新色「スターライト」と、ブラック系の新色「ミッドナイト」で、Apple製品はより生活に溶け込むナチュラルテイストに

Apple Watch Series 7 アルミニウムケースのカラーバリエーション

iPhone 13と13 Proが発表された9月のイベントは、もうチェックしましたか?
iPhoneのほかに、Apple Watch Series 7と、iPad(第9世代)、iPad mini(第6世代)も発表されました。
私はiPhone 13 Proと、iPad mini(第6世代)を注文しました。

2021年9月のAppleのイベント

【ニュース】2021年9月のApple発表イベントのビデオを、公式サイトやApple TV、Podcastで配信開始

2021年9月15日

関連記事:2021年9月のApple発表イベントのビデオを、公式サイトやApple TV、Podcastで配信開始

今回の発表で気になったことのひとつが、カラーバリエーションの刷新です。
一部のモデルで、従来の伝統カラーが廃止され、新色の「スターライト」と「ミッドナイト」が登場しているのです。

2021年秋モデルのカラーバリエーション

今回発表されたデバイスのカラーバリエーションを、以下に紹介します。

iPhone 13

iPhone 13と13 mini

  • (PRODUCT)RED
  • スターライト
  • ミッドナイト
  • ブルー
  • ピンク
iPhone 13 Pro

iPhone 13 Proと13 Pro MaX

  • グラファイト
  • ゴールド
  • シルバー
  • シエラブルー
iPad(第9世代)

iPad(第9世代)

  • シルバー
  • スペースグレイ
iPad mini(第6世代)

iPad mini(第6世代)

  • スペースグレイ
  • ピンク
  • パープル
  • スターライト
Apple Watch Series 7 アルミニウムケース

Apple Watch Series 7 アルミニウムケース

  • ミッドナイト
  • スターライト
  • グリーン
  • ブルー
  • (PRODUCT)RED
Apple Watch Series 7 ステンレススチールケース

Apple Watch Series 7 ステンレススチールケース

  • シルバー
  • グラファイト
  • ゴールド
Apple Watch Series 7 チタニウムケース

Apple Watch Series 7 チタニウムケース

  • チタニウム
  • スペースブラックチタニウム

iPhoneのシエラブルーや、iPad miniのピンクやパープル、Apple Watchのグリーンなどの新色も気になるけれど、この記事ではスルーします。
注目してほしのは、一部のモデルでホワイト/シルバー系が「スターライト」、ブラック/スペースグレイ系が「ミッドナイト」に変わっている点です。
この2色がラインナップにあるのは、以下のモデルです。

  • iPhone 13と13 mini:スターライトとミッドナイト
  • iPad mini(第6世代):スターライト
  • Apple Watch Series 7 アルミニウムケース::スターライトとミッドナイト

iPad miniに関しては、スペースグレイが生き残りました。
黒系はたびたび色が変わることがありましたが、伝統的なシルバーがなくなったのは、どうしたことでしょう。

スターライトは、Apple Watch用のスポーツバンドとソロループにも加わっています。
ミッドナイトは、iPhone用のシリコーンケースとレザーケース、レザーウォレットのほかに、複数のApple Watchバンドや、AirTagレザーキーリングにもラインナップされています。

スターライトはどんな色?

スターライトはどういう色かというと、かなり薄いベージュのようです。

iPhone 13

Apple公式サイトの「ARで見る」機能で、iPhone 13のスターライトを確認すると、ほとんどホワイトじゃないかというぐらい薄い色に見えます。

iPad mini(第6世代)

アルミ製のiPad mini(第6世代)だと、もう少し色がはっきり見えて、シャンパンゴールドのようなイメージです。

Apple Watch Series 7

iPad miniと同じアルミ製のApple Watch Series 7も、同じ色なのでしょう。

Apple Watchバンド

Apple Watchバンドはベージュに見えます。
いずれにしろ上品な色ですね。

ミッドナイトはどんな色?

iPhone 13

「ミッドナイト」といえば、「ミッドナイトブルー」として、ケースやバンドで長くラインナップされてきた色を連想します。
濃紺だった「ミッドナイトブルー」と比べると、今回の「ミッドナイト」は、一見すると黒にしか見えません。

Apple Watch Series 7

しかしよく観察すると真っ黒ではありません。
黒をすこし明るくして、青みを加えた色になっています。

Apple Watchバンド

Apple Watchスポーツバンドを例に、ブラック(画像左)と並べてみると、青みを帯びているのがわかります。

なぜ変えたの?

ホワイト/シルバー系を「スターライト」に、ブラック/スペースグレイ系を「ミッドナイト」にしたのは、なぜでしょうか?
2色とも無彩色(白・グレー・黒)だったのを、微妙に色味を加えた有彩色に変えられています。
おそらくは製品がより生活に溶け込むように、ナチュラルな方向に寄せたのではないかと想像しています。

シルバーアルミニウムのApple Watch

Apple Watchのスターライトを見たあとで、自分の手首にあるシルバーのApple Watchに目を移すと、いかにも無機質で、冷たい金属のイメージを受けました。
真っ白や真っ黒、銀色をやめて、ベージュやブルーに寄せたのは、より生活に溶け込むのを意識したように思えます。

現在のApple製ハードウェアのほとんどが、リサイクル可能な金属やガラスで仕上げられています。
無機質なガジェットに中間色を使うことで、温かみや柔らかなイメージを与える効果があります。

iPhone 13とiPad mini

改めてiPhone 13やiPad miniのカラーバリエーションを確認すると、バキバキのはっきりした色ではなく、中間色が多用されています。
ひとによっては、ぼやぼやした地味な色のラインナップに感じるかもしれません。

アルミニウムケースのApple Watchから、シルバーが無くなったのはショックを受けましたが、ひとまず納得できました。
このデザイン志向は、より身近なデバイスである、エントリーモデルやコンシューマー向けの製品で顕著になるでしょう。
「Pro」向けの製品には、取り入れられないかもしれません。
iPhone 13 Proには、引き続き無彩色のグラファイトとシルバーが使われています。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~