【編集後記】iPhone 13 ProとiPad mini(第6世代)を買いました

iPhone 13 ProとiPad mini(第6世代)

9月24日に発売になった、iPhone 13 ProとiPad mini(第6世代)を買いました。

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Pro

今年のiPhoneも、大小あわせて4モデルです。
カメラが良い方の、大きくない方、という理由で、iPhone 13 Proを選びました。
iPhone 11 Proから、12 Pro、13 Proと、同じグレードのを選び続けています。
望遠レンズをよく使うのが、Proを選ぶ最大の理由です。
Plus/Maxサイズは見やすいけれど、扱いにくし、ケースの種類も少なくなるので、避けるようになりました。

iPhone 11 Proのミッドナイトグリーン、12 Proのパシフィックブルー、13 Proのシエラブルーと、最近はカラーバリエーションの中に、モデル特有の色がひとつ含まれていますよね。
iPhone 11 Proと12 Proは、珍しさからそれを選んでいました。
シエラブルーも素敵でしたが、今回はiMacやAirPods Maxとお揃いにしたくて、シルバーにしました。
iPhone XSのシルバーと比較すると、ほぼホワイトのような色で、気に入りました。

iPhone 13 Pro

カメラ性能の進化が最大の注目ポイントですが、まだ活用できていません。
もうすこししたら、紅葉を撮りに行こうと思っています。
望遠レンズが3倍になったのは嬉しいです。
ピントをズラす「ピン送り」に憧れて、従来のiPhoneで試行錯誤したことがあったので、シネマティックモードを試すのも楽しみです。

いまのところ、いちばん違いを実感しているのが「最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー」です。
スマートフォンという道具に必要な機能だろうか? と、個人的には疑問に思っていたものでした。
実際に触ってみると、「ぬるぬる動く」というのが、はっきりわかります。
とはいえ、やはり無くても困らまい機能ではあります。
ホーム画面をスワイプしているだけで気持ちいいですが、すぐ慣れてしまうでしょう。

iPad mini(第6世代)

iPad mini(第6世代)

iPad miniを買うのは久しぶりです。
2013年のiPad mini Retinaディスプレイモデル(のちに「iPad mini 2」に改名)以来、8年ぶり3回目となります。
今回は久しぶりに買おうと思えるぐらい、インパクトのある大きな進化でした。

かわいいサイズ感と、横にくっつくApple Pencilで、いつでも、どこにでも持ち運びたくなります。
いつもFace IDのiPad Proを使っているので、このタイプのTouch IDにはまだ慣れないけれど、便利さは実感しています。

iPad mini(第6世代)

色は先週の編集後記で言及したスターライトにしました。
思っていた以上に薄い色で、単体ではシルバーにしか見えません。
シルバーのiPadと並べてみると、確かに違いがあります。
ゴールドほどゴージャス感はなく、落ち着いた良い色だと思います。

今年も残り3か月、まだiPadやMacの新モデルが出る可能性がありますね。
私はiMacもMacBook Airも、M1モデルに移行したばかりなので、しばらくは買う予定はありません。
あとは「秋の後半」に発売予定の、Apple Watch Series 7が待ち遠しいです。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~