【新製品】DJIのiPhone対応ジンバルの新モデル「DJI OM 5」。より小型化・軽量化され、伸縮構造を初採用

DJI OM 5

DJIがiPhone対応ジンバルの新モデル「DJI OM 5」を発売しています。

DJI OM 5

iPhone/スマートフォンを取り付けて、手ぶれを抑えた動画撮影ができる、電子制御スタビライザーです。

iPhoneとBluetooth接続し、専用アプリと組み合わせて使用します。
iPhoneの向き・角度が自動制御され、手ぶれの少ない撮影ができます。
被写体の自動追尾や、タイムラプス、パノラマなどの撮影機能を搭載しています。

DJI OM 5

デバイスをマグネットで固定します。
付属の「磁気スマートフォンクランプ 2」でデバイスを挟むことで、「DJI OM 5」に取り付けられます。

DJI OM 5

従来品よりも小型化・軽量化されています。
新たに215mmの延長ロッドを内蔵しています。

DJI OM 5

自動追尾機能の精度が、従来品よりも向上しています。
周辺環境を自動認識して、撮影方法を提案してくれる新機能ShotGuides(ショットガイド)を搭載しています。

DJI OM 5

グリップ式三脚と収納ポーチ、充電ケーブル、リストストラップが付属しています。

DJI OM 5

「アテネ グレー」と「サンセット ホワイト」の、2色のカラーバリエーションが用意されています。

同社直販サイトなどで販売中です。
価格は税込各17,930円です。
追加保証サービス「DJI Care Refresh」は、1年版が1,100円、2年版が1,980円です。

メーカーの詳細ページ:DJI OM 5 – その創造性、マスター級 – DJI

以下のオンラインショップで購入できます。

ニュース解説

昨年8月に発売された「OM 4」から、約1年でのモデルチェンジです。
従来は商品名が「Osmo Mobile」だったのが、前モデルから「OM」に変更されています。

「OM 4」390gだったのが、「OM 5」は290gと、大幅に軽量化されています。
「OM 4」から引き続き、マグネット着脱機構が採用されています。
デバイスの背面に両面テープで貼る「磁気リングホルダー」は、今回は付属していません。
「OM 4」と「OM 5」のマグネットには、互換性は無い可能性があります。
LEDライトを内蔵した「DJI OM補助ライト内蔵スマートフォンクランプ」は、別売りで発売予定です。

今回初めて、新色「サンセット ホワイト」が登場し、2色のカラーバリエーションになっています。

前モデルは「DJI OM4 SE」として、値下げ(16,500円→11,440円)されて継続販売されています。
ただし付属品から「磁気リングホルダー」が省かれています。
以下のオンラインショップで販売中です。

▼ プロモーション動画(1分37秒)

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~