【ニュース】Appleが日本の公正取引委員会との合意を発表。電子書籍リーダーや動画視聴アプリの、外部サイトでのコンテンツ購入が容易に

日本の公正取引委員会によるApp Storeの調査が終結

iPhone/iPad用の電子書籍リーダーや動画配信アプリなどで、サービス提供者のサイトでの決済がしやすくなります。

Appleが“日本の公正取引委員会によるApp Storeの調査が終結”したとして、公正取引委員会との合意内容を明らかにしたものです。

プレスリリース:日本の公正取引委員会によるApp Storeの調査が終結 – Apple

電子書籍リーダーや音楽配信サービス、動画配信アプリなどの、「リーダー」アプリケーションが、変更の対象です。
これまで「リーダー」アプリでコンテンツを利用するには、アプリ内課金で決済するか、別途サービス提供者のサイトにアクセスして支払う必要がありました。
今後はアプリ内に、サービス提供者のサイトへのリンクを設置できるようになり、そこで決済が可能になります。

サービス提供者は、アプリ内課金によるAppleへの手数料の支払いを免れながら、コンテンツを販売しやすくなります。
安全性に優れたアプリ内課金も、今後も利用できます。

変更は2022年初めに適用されます。
日本の公正取引委員会との間で合意されたものですが、この変更は全世界で配信されているアプリに適用されます。

ニュース解説

Netflixの案内

たとえばNetflixなどで、アプリ内のブラウザで視聴の契約ができるようになります。
これまでAmazonのサイトで購入が必要だったKindleも利用しやすくなるでしょう。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~