【豆知識】iOS 15/iPadOS 15の公開後も、バージョン14向けにセキュリティアップデートが提供される。iOS 14/iPadOS 14を継続使用可能

iOSアップデートの図

iPhone/iPod touch用の「iOS 15」と、iPad用の「iPadOS 15」が、9月21日(火)に公開される予定です。
iOS 14が動いてるデバイスなら、iOS 15にアップデートできます。
iPadOS 14が動いているデバイスは、iPadOS 15にアップデートできます。

iOSアップデートの図

このバージョンからは、15に移行するか、14.x系でアップデートを進めるかを、ユーザーが選べるようになります。

Appleでは「iOS 15 – 特長」「iPadOS 15 – 特長」ページの「ソフトウェアアップデート」欄で、以下のように解説しています。

iOSでは、2つのソフトウェアアップデートバージョンのどちらをインストールするか、設定アプリで選べる場合があります。iOS 15の最新バージョンがリリースされたらすぐにアップデートを行って、最新の機能と最も充実したセキュリティアップデートを利用することも、重要なセキュリティアップデートを利用しつつ、iOS 14を使い続けることもできます。

iPadOSでは、2つのソフトウェアアップデートバージョンのどちらをインストールするか、設定アプリで選べる場合があります。iPadOS 15の最新バージョンがリリースされたらすぐにアップデートを行って、最新の機能と最も充実したセキュリティアップデートを利用することも、重要なセキュリティアップデートを利用しつつ、iPadOS 14を使い続けることもできます。

事情によりバージョン15以降にアップデートしたくないユーザーが、バージョン14系を使い続けても、セキュリティアップデートが提供されることになります。

iOSアップデートの図

これまでAppleは、メジャーアップデート(13、14、15など)できる場合は、最新版への更新を推奨してきました。
たとえばiOS 13を使い続けてたくても、13.x系のアップデートの提供は終了し、14への更新が促されてきました。
iOS 14にアップデートできない、古いデバイスに対しては、iOS 12.xのセキュリティアップデートが提供されています。

iOSアップデートの図

iOS 15/iPadOS 15にアップデートするか、14.xを使い続けるかの選択には、現時点(2021年9月19日現在)で最新版のiOS 14.8/iPadOS 14.8が必須となる可能性もあります。
バージョン15の提供開始前に、14.8へのアップデートをおすすめします。

補足

iOS 15と同時公開予定の、Apple Watch用watchOS 8へのアップデートには、iOS 15が必要です。
watchOS 8を搭載して発売予定の、Apple Watch Series 7の利用にも、iOS 15以降を搭載したiPhoneが必要です。

公式サポート情報

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~