【編集後記】Apple Watch Series 7のNikeモデルを買いました

Apple Watch Series 7 Nike

発売日の10月15日から4日遅れで、Apple Watch Series 7が届きました。

Apple Watch Series 7 Nike

予約開始時に、Apple公式サイトに注文していたものです。
Series 6に続いて、今回もNikeモデルを選びました。
Nikeモデルは昨年のSeires 6からは、通常モデルと同時発売になっています。
それ以前は、通常モデルから2週間遅れての発売でした。

Apple Watch Series 7 Nike

気に入っていたアルミニウムケースのシルバーが廃止されたので、新色のスターライトにしてみました。
スターライトの色はiPad mini(第6世代)で確認済みですが、バンドと組み合わせて身につけるApple Watchとなると、色の印象はより重要です。
身につけて見ると上品で、高級感のある色でした。
これを見たあとだと、従来のシルバー色は、無彩色でいかにも機械的な印象を受けるようになりました。

Apple Watch Series 7 Nike

Nikeの新しいスポーツループは「NIKE」のロゴ入りで、スポーツ用に見えます。
本体に合わせて、スターライトのスポーツバンドを買い足しました。
流行の「くすみカラー」で、スポーティーなイメージから一転して、落ち着いた印象になりました。
これがApple Watchの面白いところでもあります。

Apple Watch Series 7 Nike

見た目だけではなく、Series 7の印象についても書いておきます。
Series 6からの乗り換えなので、変更点は画面が大きくなった程度です。
使い初めは大きさに驚きましたが、すぐに慣れてしまいました。

Twitterの通知なども、大きく表示されるので、気恥ずかしい気もします。
ここまで大きくなると、画面をフルに使おうとしないで、控えめな表示をしてほしいです。

Apple Watch Series 7 Nike

Series 7では対応する充電ケーブルを使うことで、充電速度もはやくなりました。
いままでより最大33%はやく充電できるそうです。
私はApple Watchの充電は、就寝時にBelkinの充電スタンドに置くのを習慣にしています。
Series 7に付属していた高速充電ケーブルは使っていないし、使っても恩恵は受けられません。

そういえば今回のApple Watchは、GPSモデルにしました。
2017年にSeries 3でGPS + Cellularモデルが登場してからは、ずっとそれを選んできました。
しかしセルラー機能って、ほぼ使ったことが無かったのです。
その後iPhoneの通信キャリアもワイモバイルに乗り換えたので、そもそもセルラー機能に対応していませんでした。

セルラーモデルのApple Watchは、iPhoneを持っていない子供や高齢者に使わせる「ファミリー共有設定」ができるというメリットもあります。

サポート情報:家族の Apple Watch を設定する – Apple サポート

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen