【豆知識】MagSafeバッテリーパックではiPhoneが90%まで充電される。90%以上充電するには操作が必要

MagSafeバッテリーパック

MagSafeバッテリーパックは、デフォルトではiPhoneを90%までしか充電しません。
それ以上の充電をしたい場合は、操作が必要です。

MagSafeバッテリーパック

MagSafeバッテリーパックはApple純正の、MagSafeシステムに対応するモバイルバッテリーです。
iPhone 12/12 Proと、iPhone 13/13 Proの背面にマグネットで吸着させるだけで、iPhoneを充電できます。

MagSafeバッテリーパック

デフォルトでは、MagSafeバッテリーパックでiPhoneを充電できるのは、90%までに制限されています。
これは“MagSafeバッテリーパックの駆動時間を最適化するため”とされています。

コントロールセンターの低電力モード

▲ iPhoneを90%以上充電したい場合は、MagSafeバッテリーパックを接続した状態で、コントロールセンターの「低電力モード」をタップします。

コントロールセンターの低電力モード

▲ 「90%を超えるまで充電」をタップしてチェックを入れると、充電の制限が解除されて、90%以上充電されます。

コントロールセンターに「低電力モード」が無い場合は、「設定」で追加する必要があります。

(情報はiOS 15.1時点のものです)

公式サポート情報

関連する豆知識

MagSafeバッテリーパック

【豆知識】MagSafeバッテリーパックのシリアル番号などを確認する3つの方法(本体を読む/iPhoneの設定で見る/Macにつなぐ)

2021年7月25日

MagSafeバッテリーパックのシリアル番号などを確認する3つの方法(本体を読む/iPhoneの設定で見る/Macにつなぐ)

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen