【編集後記】Apple初売りイベントの寅年限定AirTagを入手。初売りビジュアルイメージの再現も試みる

Appleギフトカードと寅年限定AirTag

Appleの初売りイベントで、対象のiPhone購入者に配布された限定AirTagを入手しました。
iPhoneを買ったわけではありません。
フリマアプリで譲ってもらいました。

寅年限定AirTag

寅年限定AirTag

▲ パッケージは通常版のAirTagと変わりません。

寅年限定AirTag

▲ パッケージ裏側の「MMYM3J/A」という型番と、「Tiger」と付記された製品名で区別できます。

寅年限定AirTag

▲ AirTagを刻印入りで買ったときと、同じようにパッケージングされています。
寅の絵が書いてあるだけで、機能は通常版と同じです。
iPhoneとペアリングしたときにも、白いAirTagとして表示されます。

寅年限定AirTag

▲ 招き猫をイメージしたポーズと、鈴の首輪がかわいいです。
カードも一緒に配布されたようです。

寅年限定AirTag

▲ カード裏面のQRコードは、AirTag製品ページのURLです。

寅年限定AirPods Pro

▲ 中国語圏では、寅年限定の刻印が施されたAirPods Proが販売されています。
日本のAirTagとは、寅のデザインが異なります。
寅の被りものをした虎でしょうか? かわいいですね。

製品ページ:Buy Special-Edition AirPods Pro – Year of the Tiger – Apple (HK)

丑年限定AirPods Pro

▲ 中国語圏の新年限定AirPods Proは、丑年の2021年にも発売されました。
これ日本でも発売して欲しかったです。

寅年限定AirTagは、対象のiPhone(12/12 mini/SE)の購入者先着2万名に配布されました。
オンライン用の在庫は、すべて捌けて無くなったようです。
フリマアプリやネットオークションを見ると、かなりの出品があります。
中古市場にも流れていて、通常のAirTag(税込3,800円)よりも安く買える場合があります。

初売りビジュアルイメージを再現してみた

今回のApple初売りイベントでは、ビジュアルイメージにも感心させられました。

▲ 予告の段階では、風呂敷包みの結び目がAppleマークになったビジュアルが出されていました。

初売りビジュアルイメージ

▲ 初売りが始まるとビジュアルが差し替えられて、包みを解いたようにギフトカードが登場する仕掛けになっていました。

初売りビジュアルイメージ

▲ Apple Gift Cardのステッカーが手元にあるので、真似して再現してみようと思いました。

初売りビジュアルイメージ

▲ 赤いちりめんの生地は、札幌の手芸店カナリヤで購入しました。
こういうものが安く簡単に揃えられるお店です。
画像のギフトカードの大きさから、布のサイズは210mm四方ぐらいと割り出しました。

初売りビジュアルイメージ

▲ 画像を参考にカードを並べればできあがりです!

初売りビジュアルイメージ

▲ 並べてみました。
なかなか上手くできた気がします。
本物の方は、生地が微妙に波打っているのですが、そこまでは似せられませんでした。

2019年の初売りビジュアルイメージ

▲ 過去のAppleの初売りでは、2019年の水引のデザインも好きでした。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

LINEMO