【ニュース】AirTagを使った迷惑な追跡に関する声明をAppleが発表。今後のアップデートで見つけやすさなどを改善予定

AirTag

Appleが「AirTagと不要な追跡に関するアップデート」と題した声明を発表しています。

公式サイト:AirTagと不要な追跡に関するアップデート – Apple

AirTag

AirTagには悪用防止のための警告機能も搭載されています。
それでも悪用される場合があるとのこと。
警察・法執行機関の要請により、AirTagとペアリングされたアカウントの情報を提供することがあり、犯人の発見に成功しているとされています。

AirTagと「探す」ネットワークのさらなる改善のためとして、新たに以下の対策・アップデートが発表されています。

また今年後半に検討されているアップデートとして、以下の機能が明かされています。

  • 不明なAirTagを「正確な場所を見つける」で探せるように。iPhone 11/12/13が対応
  • 不明なAirTagが一緒に移動している場合の、デバイスの通知に音を追加
  • 不要な追跡の警告を改善し、より早く通知されるように
  • 不明なAirTagをより早く発見できるよう、音を修正。より大きな音を鳴らすようになる予定

ニュース解説

AirTagには発売当初からストーカー防止機能が搭載されていますが、より悪用されにくくするアップデートの予告です。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen