【ニュース】Apple Watch用「watchOS 8.4.1」ソフトウェア・アップデート公開。Series 4以降用のバグ修正

Apple Watch用「watchOS 8.4.1」ソフトウェア・アップデート

Apple Watch用の「watchOS 8.4.1」ソフトウェア・アップデートが公開されています。

watchOS 8.4からの変更点は以下(リリースノートから引用)。

watchOS 8.4.1には、Apple Watch Series 4以降用のバグ修正が含まれます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

watchOSのアップデート方法

ペアリングしているiPhoneを操作して、Apple Watchをアップデートします。
watchOS 8以降へのアップデートには、iOS 15のiPhoneが必要です。

Apple Watch用ソフトウェア・アップデート

iPhoneの「Watch」アプリで
マイウォッチ > 一般 > ソフトウェア・アップデート
を開きます。
「ダウンロードとインストール」をタップして、使用許諾へ同意します。
iPhoneのパスコード入力も求められます。

アップデート時には、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • Wi-Fi接続されている
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

またiPhoneはWi-Fi接続されている必要があります。

watchOS 8にアップデート以降は、Apple Watch単体でアップデートができます。
Apple Watchの
設定 > 一般 > ソフトウェア・アップデート
で「ダウンロードとインストール」をタップします。

公式サポート情報:Apple Watch をアップデートする – Apple サポート

ニュース解説

具体的な修正内容は明かされていません。
「Apple Watch Series 4以降用のバグ修正」とのことで、Series 3には対応していない可能性があります。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen