【ニュース】iPhone/Apple WatchのWalletアプリで、運転免許証とステートIDの表示が可能に。米国のアリゾナ州から

iPhoneのWalletに入れた米国アリゾナ州の運転免許証

iPhone/Apple WatchのWalletアプリでの、運転免許証とステートIDの提示について、Appleが発表しています。
最初の対応地域として、米国のアリゾナ州で利用可能になっています。

プレスリリース:Apple launches the first driver’s license and state ID in Wallet with Arizona – Apple

TSAチェックポイントでの提示

Walletに入れた運転免許証とステートID(州の身分証明書)は、対応する空港のTSA(運輸保安局)チェックポイントで、非接触で提示できます。

Walletに運転免許証を追加する手順

カードをWalletに追加するには、Walletの「+」をタップして「運転免許証またはステートID」を選択します。
画面の指示に従って、顔写真を撮影し、カードの両面をスキャンします。

今後以下の12の地域でも利用可能になる予定です。

  • コロラド州
  • ハワイ州
  • ミシシッピ州
  • オハイオ州
  • コネチカット州
  • ジョージア州
  • アイオワ州
  • ケンタッキー州
  • メリーランド州
  • オクラホマ州
  • ユタ州
  • プエルトリコ領

iOS 15.4以降にアップデートされたiPhone 8以降、watchOS 8.4以降にアップデートされたApple Watch Series 4以降が必要です。

公式サポート情報:Add your driver’s license or state ID to Apple Wallet – Apple サポート

ニュース解説

2021年9月に発表された機能で、半年を経て利用可能になりました。

プレスリリース:Apple announces first states to adopt driver’s licenses and state IDs in Wallet – Apple

9月の段階では、最初にアリゾナ州とジョージア州で提供され、コネチカット州、アイオワ州、ケンタッキー州、メリーランド州、オクラホマ州、ユタ州が続く予定でした。
今回のリリースでは、コロラド州、ハワイ州、ミシシッピ州、オハイオ州、プエルトリコ領が追加されています。

日本を含む他国で利用可能になるかは発表されていません。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen