【編集後記】Apple Storeの訪問歴を記録できるWebサービス「Yesterday at Apple」が楽しい

Yesterday at Apple

Apple Storeの訪問歴を記録できるWebサービス「Yesterday at Apple」を紹介します。

世界25か国・全517店舗のApple Storeから、行ったことがあるお店と訪問日を、記録してシェアできます。

Yesterday at Apple

ページを開くと全店舗のリストがずらっと並ぶので、検索欄に「Japan」と入れて絞り込みましょう。
店舗名の横にある「ADD」をタップすると、記録用の画面に移行します。
サービスは英語のみです。

Yesterday at Apple

訪問した日を「日・月・年」で入力します。
2022年3月27日なら、「27032022」と入れれば、自動的に区切られます。
よく利用する店舗を1つだけ「ホームベース」に指定できます。
日付入力とホームベース指定は、必須ではありません。

札幌や仙台一番町のような既に閉店してしまった店舗や、かつて存在したApple直営のApple Watch専門店も記録できます。
福岡天神は、現存の福岡と同じ店舗の扱いです。

お店の追加が終わったら、保存して記録をシェアできます。
保存した際に、独自のURLと、再編集用のパスワードが発行されるので、「メモ」にでも残しておいてください。
URLを開けば、いつでも自分の記録にアクセスして、シェアもできます。
自分のページでパスワードを使えば、再編集ができます。
パスワードは、ひとの知られないようにしてください。

私の記録はこちらです。
地図と画像で振り返ることができて楽しいです。
2か国・合計14店舗で、全店舗のうち2.6%を訪れたことがわかります。

Yesterday at Apple

私は国内のストアでは、名古屋栄だけ行ったことがありません。
初訪問日を記録していますが、銀座と渋谷は正確ではないかもしれません。
閉店した札幌や仙台が、モノトーンで表示されるのが哀愁を誘います。
閉店した店舗は地図にも出ません。

このサービスはドイツのクリエイターFilip Chudzinskiさんらが開発したものです。
同氏はApple Storeの情報を発信しているStoretellerや、Apple Watchバンドのコレクションを記録するアプリBandbreiteも手がけています。
コアなAppleファンに喜ばれる素晴らしいサービス/コンテンツばかりで、尊敬しています。
ぜひ使ってみて、行ったことのあるApple Storeをシェアしてください。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店キットカット – kitcut plus ・オンラインストア

LINEMO