【ニュース】Apple Watch用「watchOS 8.5」ソフトウェア・アップデート公開。Apple TVでの購入とサブスクリプションの承認が可能に

Apple Watch用 watchOS 8.5 ソフトウェア・アップデート

Apple Watch用の「watchOS 8.5」ソフトウェア・アップデートが公開されています。

watchOS 8.4.2からの変更点は以下(リリースノートから引用)。

watchOS 8.5には、以下の新機能と機能改善、およびバグ修正が含まれます:

  • Apple TVでの購入とサブスクリプションの承認機能
  • Appleウォレットの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン接種カードがEUデジタルCOVID証明書の書式に対応
  • 心房細動の検知を改善するために設計された不規則な心拍の通知のアップデート。この機能は、米国、チリ、香港、南アフリカ、およびその他多数の地域で使用可能。バージョンを確認するには、こちらにアクセスしてください: https://support.apple.com/ja-jp/HT213082

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

watchOSのアップデート方法

ペアリングしているiPhoneを操作して、Apple Watchをアップデートします。
watchOS 8以降へのアップデートには、iOS 15のiPhoneが必要です。

Apple Watch用ソフトウェア・アップデート

iPhoneの「Watch」アプリで
マイウォッチ > 一般 > ソフトウェア・アップデート
を開きます。
「ダウンロードとインストール」をタップして、使用許諾へ同意します。
iPhoneのパスコード入力も求められます。

アップデート時には、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • Wi-Fi接続されている
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

またiPhoneはWi-Fi接続されている必要があります。

watchOS 8にアップデート以降は、Apple Watch単体でアップデートができます。
Apple Watchの
設定 > 一般 > ソフトウェア・アップデート
で「ダウンロードとインストール」をタップします。

公式サポート情報:Apple Watch をアップデートする – Apple サポート

ニュース解説

watchOS 8.5へのアップデートには、同期しているiPhoneを先にiOS 15.4にする必要があります。

iOS 15.1 ソフトウェア・アップデート

【ニュース】iPhone/iPod touch用「iOS 15.4」ソフトウェア・アップデート公開。iPhone 12以降でマスクをしたままFace IDを利用可能に

2022年3月15日

関連記事:iPhone/iPod touch用「iOS 15.4」ソフトウェア・アップデート公開。iPhone 12以降がマスクをしたままFace IDを利用可能に

Apple TVでの購入承認機能を使うには、Apple TVをtvOS 15.4にする必要があります。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen