【ニュース】下取りサービス「Apple Trade In」が対象年齢を引き下げ。18歳以上から利用可能に

Apple Trade In

Appleの下取りサービス「Apple Trade In」の対象年齢が引き下げられています。
これまでは20歳以上が対象だったのが、18歳以上から利用できるようになっています。

Apple Trade Inの対象年齢の記載

Apple Trade Inは、Apple製品や他社製スマートフォンを対象とした、Apple公式の下取りサービスです。
デバイスを下取りに出すと、金額分のApple Gift Cardがもらえます。
iPhoneの買い替え時に利用すれば、差額で新しいiPhoneを購入できます。

サービス詳細:Apple Trade In – Apple

ニュース解説

2022年4月の民法改正で、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたのを受けての変更です。

Appleの下取りサービスは、かつては「Apple Renewプログラム」という名前でした。
2018年4月に「Apple GiveBack」に改称され、わずか1年後の2019年4月には「Apple Trade In」に変わりました。

下取りの査定は、Appleのパートナー会社Likewizeにより行われます。
LikewizeはBrightstar社が改名したものです。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen