【ニュース】Appleがアクセシビリティの新機能を発表。5月19日の「Global Accessibility Awareness Day」に合わせて

新しいアクセシビリティ機能を表示したiPhoneとApple Watch

Appleがアクセシビリティ関連の新機能を発表しています。
今年後半に対応予定のものです。
本日5月19日(木)の「Global Accessibility Awareness Day」に合わせて公開されたものです。

プレスリリース:Apple、革新的なアクセシビリティ機能をプレビュー – Apple

視覚障害者・弱視のユーザー向けのドア検出機能

  • LiDARスキャナを搭載したiPhoneとiPadで利用可能
  • ドアを見つけ、距離を知らせる
  • ドアの開閉状態や、開き方も認識
  • 部屋番号や、ドア周りの標識、記号も読み取れる

身体障害・運動障害者向けのApple Watchのアクセシビリティの向上

iPhoneとApple Watchが並んでいる。エアプレイミラーリング機能により、Apple Watchの画面が、iPhoneの画面上にそのまま映し出されている
  • Apple Watchの画面をiPhoneにミラーリングして、iPhoneから操作可能に。音声認識やヘッドトラッキング、外部スイッチも利用可能
  • 片手でジェスチャ操作できるAssistiveTouch機能を拡大。

聴覚障害者向けのライブ字幕

  • FaceTime通話や電話、ビデオ会議アプリ、各種メディアの再生時に、リアルタイムで字幕化
  • iPhone、iPad、Macが対応

その他

  • VoiceOverが20の言語に新たに対応
  • ふたつのコントローラーでひとつのゲームをプレイできる「Buddy Controller」。ほかのひとにゲームプレイを手伝ってもらえる
  • Siriがリクエストに応答するまでの待ち時間を調整できる「Siri Pause Time」
  • 音声入力時の綴りをカスタマイズできる「Voice Control Spelling Mode」
  • 「サウンド認識」が、自宅のアラームや家電製品の音に合わせてカスタマイズ可能に
  • Apple Booksのテキスト表示の調整が拡充

ニュース解説

「Global Accessibility Awareness Day」(世界アクセシビリティ啓発デー)は毎年5月の第3木曜日です。
今年2022年は、本日5月19日(木)です。

昨年も同じ時期に、遠隔手話通訳サービス「SignTime」や、Apple WatchのAssistiveTouchなどが発表されました。
新機能は、秋以降のiOSやiPadOS、watchOS、macOSのメジャーアップデートで利用可能になると思われます。

今週、App StoreやApple Booksでコレクションを公開するとも予告されています。
日本でも実施されるかは不明です。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen