【編集後記】Apple Booksのマンガストアが、性別・年代でのジャンル分けを撤廃。もう「少年漫画」「少女漫画」じゃない

Apple Booksのマンガストア

今週はApple Booksのマンガストアのキャンペーンが始まり、CMが公開されています。

Apple Books | マンガの魔法を、手のひらに。

【ニュース】Apple BooksのテレビCM「マンガの魔法を、手のひらに」。カメレオン・ライム・ウーピーパイの楽曲をフィーチャー

2022年4月29日

関連記事:Apple BooksのテレビCM「マンガの魔法を、手のひらに」。カメレオン・ライム・ウーピーパイの楽曲をフィーチャー

キャンペーンの開始と同時に、マンガストアにちょっとした変化がありました。
ジャンルの分け方が変わったのです。

従来のマンガストアでは、以下の7種類のジャンルで作品を分けていました。

  • 少年
  • 少女
  • 青年
  • 女性
  • BL
  • コミックエッセイ
  • ノンフィクション/教養
従来のジャンル分け

「少年漫画」「少女漫画」「青年漫画」という、日本での古典的な漫画のジャンル分けを、Appleも採用していたのです。

それが今回変更されて、「アクション」「スポーツ」「恋愛/ロマンス」のような、内容に合わせたジャンル分けになりました。
ぜんぶで15ものジャンルがあります。

  • SF
  • アクション
  • ギャグ/コメディ
  • スポーツ
  • ハードボイルド
  • ヒューマンドラマ
  • ファミリードラマ
  • ファンタジー
  • ホラー
  • ミステリー
  • ラブコメディ
  • 異世界
  • 学園ドラマ
  • 歴史フィクション
  • 恋愛/ロマンス
新しいジャンル分け

変えた理由は説明するまでもなく、ダイバーシティ(多様性)への取り組みとしてでしょう。

Apple Booksのマンガストア

Apple Books Storeの「マンガ」タブは、2020年4月から採用された、日本独自のものです。
ほかの国では、ここに「オーディオブック」があります。
日本独自のものだし、長年の日本の慣例にならって、マンガをジャンル分けしていたのでしょう。
Appleだけじゃなく、Amazon.co.jpのKindleマンガストアでも、少年、少女、青年、女性…の分類が採用されています。

でも近代的な価値観では、性別で作品を振り分けるのは、どうかと思いますよね。
日本でも従来から議論されている問題でもあります。
マンガストアの登場から2年での変更ですが、もしかしてAppleは最初から計画していたのかも? とも思えます。
準備期間として、一定期間は日本で馴染み深いジャンル分けをしておき、あとで変更しようと。

そういうわけで、Apple Books Storeのマンガ作品は、今では性別・年齢を問わず、誰にでも門戸が開かれています。
無料で読める作品もたくさんあるので、ぜひ覗いてみてください。

Apple Books

Apple Books

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

LINEMO