【編集後記】M2搭載MacBook Airのカラーバリエーションの謎。シルバーとスターライト、スペースグレイとミッドナイトが共存する

M2搭載MacBook Air

今年のWWDCも終了しました。
今回はハードウェアの発表もありましたね。
M2チップを搭載したMacBook Airと、13インチMacBook Proです。
なかでもMacBook Airは、Appleシリコン向けに設計しなおされた、新しいデザインが採用されています。

そのM2チップ搭載MacBook Airで、不思議なことがひとつあります。
カラーバリエーションにシルバーとスターライト、スペースグレイとミッドナイトが共存しているのです。

Apple Watch Series 7 アルミニウムケース

スターライトとミッドナイトは2021年9月に、iPhone 13とApple Watch Series 7、iPad mini(第6世代)で登場した色です。
2022年3月の、iPhone SE(第3世代)とiPad Air(第5世代)にも採用されています。

iPhone 13

それまでのシルバー/ホワイトとスペースグレイ/ブラックを置き換えるように、これらのモデルではスターライトとミッドナイトが採用されています。
ただしiPad miniとiPad Airにはミッドナイトは無く、黒系は引き続きスペースグレイです。

2021年10月に登場した、 M1 Pro/M1 Maxチップを搭載したMacBook Proは、伝統的なシルバーとスペースグレイの2色でした。
2021年9月のiPhone 13 Proも、シルバーと「グラファイト」です。
そのため一般向けのコンシューマーモデルは、色味のあるスターライトとミッドナイト。プロ向けの上位モデルは、無彩色のシルバーとスペースグレイで展開するのかと思っていました。

しかし今回登場したMacBook Airでは、シルバーとスターライト、スペースグレイとミッドナイトが共存しています。

M2搭載MacBook Air

いったいなぜなのでしょう? 理由はわかりません。
でも気持ちはわかる気がします。
コンシューマーモデル・エントリークラスだからといって、MacBook Airにシルバーとスペースグレイが無いというのは、考えにくいですよね?
従来のゴールドを引き継ぐ色として、スターライトの存在も理解できます。
スペースグレイ以上に黒々としつつも、青みを加えたミッドナイトもかっこいいです。
かつてのポリカーボネート筐体のMacBookの、ブラックカラーの上位モデルを思い出します。

そういうわけで、カラーバリエーション4種類はMacBookとしては多いと思いますが、いずれも無難な色です。
どれを選んでも、どんなシーンでも使いやすそうです。
でももし、7色のiMacのようなカラフルなラインナップだったとしたら、もっと注目を集めたような気がします。

24インチiMac

あなたは何色のMacBookが欲しいですか?

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

Spigen