【ニュース】Apple Musicで「Apple Music Sessions」の配信開始。スタジオ収録されたライブ音源を独占配信

Apple Music Sessions

Apple Musicで「Apple Music Sessions」の提供が開始されています。

Apple Musicのスタジオで録音された、ライブ音源/映像を独占配信するものです。

キャリー・アンダーウッドとテニル・タウンズ

第1弾として、ともにカントリーシンガーのCarrie Underwood(キャリー・アンダーウッド)とTenille Townes(テニル・タウンズ)のEPが配信されています。
それぞれ3曲ずつ、オーディオ版とビデオ版が収録されています。

キャリー・アンダーウッドは「Ghost Story」「Blown Away」と、オジー・オズボーン「Mama, I’m Coming Home」のカバーを披露しています。

テニル・タウンズは「Same Road Home」「Somebody’s Daughter」と、エタ・ジェイムズ「At Last」のカバーを披露しています。

同企画には、Ronnie Dunn(ロニー・ダン)とIngrid Andress(イングリッド・アンドレス)の登場も予定されています。
今後はカントリー以外のジャンルにも拡大予定です。

ニュースリリース:Apple introduces Apple Music Sessions – Apple

Apple Music

ニュース解説

かつての「iTunes Sessions」のApple Music版のような企画です。
「iTunes Sessions」には、絢香やGRAPEVINEも登場しました。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM