【豆知識】1台にふたつの通信事業者を同時に登録できる「デュアルSIM」「デュアルeSIM」に対応するiPhone

iPhoneとSIMカード

2018年以降に発売されたiPhoneは「デュアルSIM」に対応しています。
1台のiPhoneに、異なる契約のSIMを同時に登録して、必要に応じて通信を使い分けられます。

たとえば勤務先の電話番号と、プライベートの電話番号を、SIMを差し替えることなく1台のiPhoneで同時に使えます。
ひとつの通信事業者に障害が発生しても、別の通信事業者が動いていれば、通話やデータ通信ができます。

「デュアルSIM」は、物理的なSIMカードとeSIMの組み合わせか、eSIMふたつの組み合わせになります。
iPhoneのモデルにより、利用できる「デュアルSIM」機能が異なります。

SIMカード+eSIM または eSIMふたつ

SIMカード+eSIM または eSIMふたつ

以下のiPhoneは、SIMカードとeSIMを組み合わせる「デュアルSIM」のほかに、eSIMをふたつ登録する「デュアルeSIM」に対応しています。

  • iPhone 13/13 mini
  • iPhone 13 Pro/13 Pro Max
  • iPhone SE(第3世代)

SIMカード+eSIM

SIMカード+eSIM

以下のiPhoneは、SIMカードとeSIMを組み合わせる「デュアルSIM」を利用できます。

  • iPhone 12/12 mini
  • iPhone 12 Pro/12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro/11 Pro Max
  • iPhone XS/XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone SE(第2世代)

補足

デュアルnano-SIMカード

中国本土、香港、マカオでは、2枚の物理的なSIMカードを入れてのデュアルSIMに対応したiPhoneが販売されています。日本国内で販売されているiPhoneは、SIMカードは1枚しか入りません。

公式サポート情報

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM