【編集後記】生まれ変わるApple銀座

夜のApple銀座の外観

Apple銀座の現在の店舗は、本日8月28日(日)で営業を終了します。
長い歴史を持ち、日本のAppleファンからは「聖地」として愛されているこの店舗も、これで見納めとなります。

明日29日(月)は休業です。
30日(火)からは、銀座8丁目の仮店舗での営業が始まります。

入居しているサヱグサビル本館が、建て替え工事のための、期間限定の仮店舗への移転です。
サヱグサビル本館の完成予定は、2年後の2024年12月27日とアナウンスされています。
完成後には同じ場所に戻ってきて、営業を再開するようです。

Apple銀座の歴史

Apple銀座オープン時のサイト

Apple銀座は、当初は「Apple Store, Ginza」「アップルストア銀座店」として、2003年11月30日にオープンしました。
日本国内で最初のApple直営店で、米国以外では世界初となる店舗でした。
オープン時には、当時のAppleのCEO、スティーブ・ジョブズも来日しました。

オープン記念品として、先着2,500名にTシャツが配布されました。
またiMacとiPod、キヤノン製品の、総額35万6,000円相当のセットが抽選で1名に当たる、モニターキャンペーンも実施されました。

当時のプレスリリース:アップルストア銀座店、11月30日にオープン – Apple

Impressによるオープン告知、内覧会、オープン当日のレポート記事が残っています。
当時の様子を知ることができます。

Apple銀座のシアタールーム

3階のシアタールームでは、著名人の登壇するイベントが定期的に開催されました。
たとえば坂本龍一や細野晴臣、山田洋次、スパイク・ジョーンズ、大友克洋、樋口真嗣、新海誠、きゃりーぱみゅぱみゅといったクリエイターが登場しました。
デベロッパーによる、MacやiPhoneに対応した新製品やサービスが紹介されることもありました。
このようなイベントは、「Today at Apple」のシステムが採用されてからは、行われなくなりました。

Apple銀座の臨時休業の案内

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、世界のApple Storeは2020年3月15日から、臨時休業に入りました。
当初は3月27日までとされていましたが、国内のStoreが営業再開されたのは、5月・6月でした。
Apple銀座が営業再開したのは、6月3日です。
営業再開後も、しばらくは短縮営業が行われました。

サヱグサビル本館の建て替え計画が告知されたのは、2021年12月のことです。

移転先の「HULIC &New GINZA 8」はどんな建物?

Apple銀座の移転のアナウンス

Apple銀座の公式サイトで、8月30日からの移転先は「銀座8-9-7 HULIC &New GINZA 8」とアナウンスされています。
「HULIC &New GINZA 8」が、入居するビルの名前です。
「ヒューリック・アンニュー・ギンザ・エイト」と読みます。
「アンドニュー」ではなく「アンニュー」です。

「HULIC &New」は、「And」+「New」、“常に「新しい(New)」を付加(&)するクリエイティブ・マインドを大切に”をコンセプトに、ヒューリック株式会社が展開している商業ビルのシリーズ名です。
新宿、渋谷、心斎橋などにも展開されています。
銀座には、6丁目の「GINZA NAMIKI 6」、7丁目の「GINZA 7」に続く3棟目です。

公式サイト:HULIC &New

その「HULIC &New」のうち、Apple銀座が期間限定で入居する「GINZA 8」は、実に特徴的な建物です。

HULIC &New GINZA 8の外観
(画像は竹中工務店のサイトより)

竣工のニュースリリースでは、「日本初の耐火木造12階建て商業施設」とされています。
広いとは言えない敷地に、縦に細長い、耐火性・耐久性を備えた木造建築が実現されています。
使われた木材と同等量の植林活動を行うなど、環境に配慮されているのもポイントです。

デザイン監修は隈研吾建築都市設計事務所です。
隈研吾の建築にたびたび見られる、外壁の木製ルーバーが「GINZA 8」にも採用されています。

建物は昨年11月に竣工(完成)しています。
地下1階〜地上12階の、計13フロアです。
公式サイトによると現在入居しているテナントは、最上階の「新橋銀座しらゆり歯科」だけです。

Apple銀座は路面店になるのは間違いないとして、何階まで店舗になるかは、まだわかりません。
仮に1〜3階が店舗になるとして、地下1階や4階も、バックヤードとてAppleが借りるでしょう。
店舗内に階段が設けられたとしても、Apple渋谷のリニューアル後のような、専用のエレベーターまで設置するは難しい気がします。
エレベーターが必要な場合は、ビルのものを使うことになると予想しています。

仮店舗への移転は、日本の直営店では初

Apple Storeが建て替えのために、期間限定で仮店舗へ移転するのは、日本では初となります。
Apple渋谷も大規模リニューアルが行われましたが、333日間の休業期間が設けられました。
Apple福岡は、新しい建物への完全移転でした。
期間限定の仮店舗での営業は、海外ではニューヨークのApple Fifth Avenueなどの前例があります。

Apple Store開店やリニューアル時の告知用Appleマークのコレクション

Apple Storeの新規オープンやリニューアルの告知に使われるAppleマークは、毎回たのしみのひとつです。
でも今回のApple銀座で使われているマークは、過去のデザインの使い回しです。

Apple Yas Mallのオープン告知ロゴ

米国のApple The Groveや、アラブ首長国連邦のApple Yas Mallが移転リニューアルしたときにも、同じデザインが使われているのです。
でもApple銀座のものは、過去の店舗よりも色をくすませて、日本らしくアレンジされています。

Apple銀座の移転告知ロゴ

本当の新しいApple銀座はどうなるか?

今回の移転先は、期間限定の仮店舗です。
新しいサヱグサビルは、2年後の2024年12月27日に完成予定です。
「仮設」ではない、本当の新しいApple銀座が、その頃にお披露目されることになります。
待ち遠しいですね。

巨大なガラスと木材を多用した、モダンなストアに生まれ変わることでしょう。
3階のシアターに代わって、1階に巨大なビデオウォールが設置されるのも予想できます。
Apple銀座の名物である、ガラス張りのエレベーターや、屋上の回転看板はどうなるでしょうか?
歴史あるApple銀座の、かつての面影を残すものとして、新店舗にも作って欲しいです。

2018年3月の日経新聞で、国内のApple Storeについて“今後5年間で複数の新店開業と既存店の大幅改装を行う”という「5年計画」が明かされてから、4年半が経過したところです。
古い様式のApple Storeとして残っている、心斎橋と名古屋栄にも手が加えられるでしょうか?
札幌や仙台の復活や、新しいエリアへの出店も、日本のAppleファンは期待しています。

公式サイト:お近くのApple Store – 銀座 – Apple

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

LINEMO