【豆知識】iPhone 14 Proの常時表示ディスプレイも、不要なときは表示が消える。常時表示をオフにする設定も

iPhone 14 Proを伏せて置いている写真

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxは、iPhoneとしては初めて「常時表示ディスプレイ」を搭載しています。
iPhoneをロック/スリープさせても、画面が真っ黒にはならず、日付と時刻や、ウィジェットの情報を確認できます。
新しい省電力技術により、最小限のバッテリー消費で、情報が表示・更新されます。

iPhone 13 Proと14 Pro

とはいえ、必要のない時にも表示されたままでは、無駄にバッテリーを消費することになります。
常時表示ディスプレイも、場合によってはオフになる(消える)ように設計されています。
以下の状況では、ディスプレイがオフになりバッテリーを節約できます。

伏せて置いてあるiPhone 14 Pro
  • iPhoneを伏せて置いてる
  • ポケットやバッグに入れている
  • 集中モードの「睡眠」モード中
  • 省電力モード中
  • CarPlayに接続中
  • 「連係カメラ」使用中
  • iPhoneをしばらく使っていないとき(アラームの設定や睡眠スケジュールを含む、活動パターンの学習による)
  • Apple Watchを装着したユーザーが、iPhoneから離れているとき

「常時表示ディスプレイ」の機能は、設定でオフにできます。

「常にオン」の設定

設定 > 画面表示と明るさ > 常にオン
をオフにすると、従来のiPhoneと同じように、スリープ時には画面が真っ暗になります。

公式サポート情報

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

LINEMO