【豆知識】iPhone 14 ProでApple ProRAW 48メガピクセルで写真撮影できるのは、メインカメラ1xだけ。超広角レンズや望遠レンズでは12 MPまで

1倍メインカメラだけ48メガピクセルで撮影できるイメージ

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxのカメラは、従来よりも大きなセンサーを搭載しています。
Apple ProRAWフォーマットでの撮影なら、これまでの4倍の解像度の、48 MP(メガピクセル)の写真を保存できます。

代替

48 MPで保存されるのは、「Apple ProRAW」撮影の設定して、メインカメラ・倍率1xで撮影したときだけです。
0.5x(超広角レンズ)や2x、3x(望遠レンズ)で撮影したときは、12 MPになります。
ナイトモード、フラッシュ撮影、マクロ撮影でも、48 MPではなく12 MPになります。

Apple ProRAWフォーマットでの撮影方法

代替

設定 > カメラ > フォーマット の「写真撮影」欄にある、「Apple ProRAW」をオンにします。

代替

「カメラ」アプリでの写真撮影時に、「RAW」をタップして有効にします(斜め線で打ち消されていない状態)。

Live Photosとの併用はできません。
RAW撮影時は、Live Photosはオフになります。
Live Photosをオンにすると、RAWはオフになります。

補足

  • 従来は「広角カメラ」と呼ばれていた1xレンズは、「メインカメラ」に名前が変わりました。
  • 48 MPの写真は12 MPのものと比べて、ピクセル数で4倍、ファイル容量で約3倍になります。
    48 MPが不要なら、常に12 MPになるように設定できます。
    設定 > カメラ > フォーマット > ProRAW解像度 で「12 MP」を選択します。

公式サポート情報

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店キットカット – kitcut plus ・オンラインストア

LINEMO