【ニュース】AppleがApple Storeの価格体系の更新を発表。より細かな価格帯と、自国通貨を基準とした価格設定が可能に

Apple Storeのアイコン

AppleがApp Storeの価格体系の見直しを発表しています。
アプリケーションの販売価格やサブスクリプション料金を、より柔軟に設定できるようになります。

新たに700の価格帯を追加し、900の価格帯から料金を設定できるようになります。
また特定の国や地域の市場価格に合わせて、価格設定がしやすくなります。
たとえば日本のゲーム開発会社は、日本向けの価格を設定しておいて、海外での価格は為替や税率の変動に応じて更新されます。

サブスクリプション料金のイメージ

新しい価格帯の設定は、本日から2023年にかけて順次提供されます。

ニュース解説

急激な円相場の変動を含む、昨今の国際情勢を受けての変更と思われます。
これまでは米ドル基準で設定された価格帯から、アプリケーションの料金を選択する方式でした。
いままでより安い価格帯から始められるほか、1万ドル・160万円のような高額も設定できるようになります。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店キットカット – kitcut plus ・オンラインストア

LINEMO