【ニュース】AppleマップとLook Around機能のための画像収集を2月から再開。新たに茨城、山梨、三重、愛媛で実施するほか、札幌などで歩行者による撮影も

Appleマップの画像収集作業について

Appleが2023年2月以降の、Appleマップの画像収集作業についてアナウンスしています。
Appleマップの品質向上と、周囲を見回すLook Around機能のために、画像データを集めるものです。

以下の地域では、2023年2月1日から11月30日までの10か月間、車両による収集が行われます。
茨城、山梨、三重、愛媛での撮影は、今回がはじめてです。

  • 茨城県:土浦市、古河市、常総市、つくば市、坂東市、稲敷市、稲敷郡、猿島郡
  • 栃木県:宇都宮市
  • 埼玉県:飯能市、鴻巣市、久喜市、北本市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、入間郡、比企郡
  • 山梨県:甲府市、富士吉田市、都留市、山梨市、大月市、韮崎市、南アルプス市、北杜市、甲斐市、笛吹市、上野原市、甲州市、中央市、西八代郡、南巨摩郡、中巨摩郡、南都留郡、北都留郡
  • 三重県:桑名市、桑名郡
  • 滋賀県:大津市
  • 兵庫県:川辺郡
  • 奈良県:奈良市、天理市、桜井市、御所市、高市郡
  • 岡山県:倉敷市
  • 広島県:福山市
  • 香川県:丸亀市、香川郡
  • 愛媛県:松山市

また以下の地域では、2023年2月1日から6月30日までの5か月間、バックパックを用いてのデータ収集が予定されています。
バックパックに搭載されたカメラとスキャナーを使って、徒歩によりデータ収集が行われます。

  • 北海道:札幌市
  • 東京都:町田市
  • 神奈川県:横浜市、川崎市、相模原市、厚木市
  • 岡山県:岡山市

バックパックでの収集対象となっているエリアは、地図で公開されています。

歩行者による撮影エリアの地図

公式サイト:Appleマップの画像収集作業について

ニュース解説

Look Aroundは、GoogleストリートビューのAppleマップ版といえる機能です。
日本では現在、以下の都市が対応しています。

  • 千葉市
  • 福岡市
  • 広島市
  • 金沢市
  • 川崎市
  • 神戸市
  • 京都市
  • 名古屋市
  • 新潟市
  • 大阪市
  • 相模原市
  • さいたま市
  • 堺市
  • 札幌市
  • 仙台市
  • 静岡市
  • 高松市
  • 東京都
  • 横浜市

公式サイト:iOSとiPadOS – 利用できる機能 – Apple

前回行われていたデータ収集は、2022年11月末で終了していました。
2か月あけて、新たな地域も含めて作業を再開する形です。
これまでにデータ収集が行われても、まだマップに実装されていない地域もあります。

歩行者によるデータ収集は、車の入れないような道や公園、歩道のデータを取得できます。
対象の地域では、カメラ付きのバックパックを背負った、Appleマップ撮影マンに出会うかもしれません。

データ収集には、iPhone/iPadを使った方法もあるのですが、今回の予定には含まれていません。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店キットカット – kitcut plus ・オンラインストア

LINEMO