iをありがとう

メニュー

  • iPhone 7用ケースの一覧カタログ

【レビュー】moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus:湾曲したガラスの端までカバーして、気泡もできないフレーム付きの液晶保護フィルム

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus

iPhone 6用とiPhone 6 Plus用の「moshi iVisor XT」をレビューします。
気泡が入らずに貼れる色付きフレームを備えた、光沢仕様の液晶保護フィルムです。
ガラス面の外周で固定され、画面表示部分は密着しないために、貼り付けても気泡が入りません。
iPhone 6/iPhone 6 Plusのガラス湾曲部分もカバーされます。
初心者にも簡単に貼れて、平面部分だけを覆うフィルムよりも、見た目も自然です。
米AEVOEのmoshiブランドの製品です。

類似品とは異なるオリジナル製品

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus

同様の構造を採用したものが、日本のメーカー3社から先に発売されています。
ラスタバナナ、トリニティ、MSソリューションズの3社の製品で、週アスPLUSの記事によると、メーカーは違ってもこの3製品は同じようです。
ラスタバナナ製(写真左)とmoshi iVisor(写真右)を比較してみたところ、iVisorの方がサイズが大きく、違う製品であることが確認できました。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
(▲ 上にラスタバナナ製、下にiVisorを重ねて、一方の端を揃えてみたところ。フチが白くはみ出て見える分、iVisorの方が大きい)

ラスタバナナ製は中国製ですが、moshi iVisorは台湾製です。
この構造を採用した製品は、いまでは様々なメーカーからリリースされていますが、moshiが初代iPad用に発売した「iVisor」が始まりで、メーカーのAEVOE社が米国特許を取得しています。

貼り付け方法

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ 色付きの枠を備えた、液晶保護フィルムです。
iPhoneのスペースグレイ向けの「ブラック」と、シルバー・ゴールドモデル向けの「ホワイト」の2色がラインナップされています。
このページでは、iPhone 6用がブラック、iPhone 6 Plus用がホワイトを使用しています。
主にiPhone 6を使って解説しています。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ フチの部分が、iPhoneの湾曲ガラスに沿うように丸められています。
iPhoneのような滑らかな曲面ではなく、端を折り曲げたような台形型です。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ 裏面のフチを触ってみても、端が丸まっているのがわかります。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ 貼り付ける前にiPhoneに重ねてみて、仕上がりイメージをつかんでおきます。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ 付属のクリーニングクロスなどを使って、iPhoneに付着したホコリや汚れを除去したら、裏紙(剥離シート)を剥がして貼り付けます。
色のついた枠の部分にだけ、粘着材が使用されています。
粘着部分は不透明なので、指紋をつけても問題なく、写真のようにつまんで持てます。
粘着力の無い画面表示部分には、ホコリが吸着する心配もなく、気軽に扱えます。
ホコリが付くなどして粘着力が落ちた場合は、水洗いすることもできます。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ 枠が付いているおかげなのか、フィルムにコシがあり、扱いやすいです。
ホームボタンと受話口の穴で位置を合わせて貼り付けます。
画面表示部分が密着しないために、もしホコリが混入しても、気泡になりません。

使用感

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ iPhone 6のスペースグレイモデルに貼り付けたところ。
切れ目なく端の方までカバーされているので、自然な仕上がりです。
一見すると、何も貼っていないかのようです。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ 一般的な形状の液晶保護フィルムやガラス製品とは異なり、ホームボタンの下まで覆われています。
端の部分はiPhone本体にフィットするように丸められています。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ 各種センサー部分のクローズアップ。
ホームボタンまわりと同様に、端までしっかり覆われています。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ 滑らかな曲面を描くiPhoneに、厚みのあるフィルムを貼っているので、エッジが手に当たるように感じます。
これは使っているうちに、慣れて気にならなくなります。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ ケースも併用すれば、エッジが手に触れることはなくなります。
ケースやバンパーの形状によっては、iVisorのフチとぶつかって、持ち上げてしまう可能性があります。
以下のケースは、iPhone 6用・iPhone 6 Plus用とも併用できました。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ 厳密にいえば、ガラスの端に若干覆われていない部分があります。
iPhoneのガラスとアルミボディの間にある、プラスチックと思われる細い枠もカバーされません。
iVisorの厚みで守られるので、この隙間を気にする必要はないでしょう。
もしこの隙間も覆うほどフィルムを大きくすると、さらにエッジが手に触れやすくなったり、ケースと干渉しやすくなったと思われます。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ 画面部分には虹色のムラのようなものが見えます。
これは画面を点灯すれば、ほとんど気になりません。
透明度に関しては、何も貼っていないときと比べると、画面の鮮明さ・鮮やかさが、やや落ちます。
タッチスクリーンの操作感は快適です。

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus
▲ 画面部分はよく見ると、小さな点が4ミリ間隔で格子状にならんでいます。
フィルムと画面が密着しないように、内側に小さな突起が並べられているようです。
明るいところで真っ黒の画面を見ると、目につくことがありますが、通常時は気になることはありません。

まとめ

moshi iVisor XT for iPhone 6/6 Plus

ホコリの混入や指紋の付着を気にせずに貼れる、扱いやすいフィルムです。
iPhoneの前面ガラスのほぼ全体をカバーできるので、安心感も高いです。
平面部分だけをカバーする一般的な保護フィルムやガラスよりも、見た目も自然です。
初心者にも簡単に貼れるにも関わらず、機能性も高いフィルムです。

iPhone 6用「moshi iVisor XT for iPhone 6」は、以下のオンラインショップで購入できます。
価格は税込各2,916円です。

iPhone 6 Plus用「moshi iVisor XT for iPhone 6 Plus」は、以下のオンラインショップで購入できます。
価格は税込各3,456円です。

タグ:

※ 記載の価格は記事公開時・更新時のものです。


1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信
iPad、iPhone、iPod用のアクセサリやMac周辺機器、デジタルビデオ製品を取り扱うフォーカルポイントコンピュータ株式会社
iPodのアクセサリならボンマルシェにおまかせ!
Apple専門店 キットカット
Spigen JAPAN
iPhone5ケースやカバーなどの専門店 - SHOWCASE Online
AnyTrans 5

最近のニュース記事