【豆知識】iPhone 5付属のイヤホンEarPodsを、きれいにケースにしまう方法

EarPods

iPhone 5には、アップルの新型イヤホン「Apple EarPods with Remote and Mic」が同梱されています。
イヤホンの単品販売と同様に、収納ケースも付属しています。
イヤホンをきれいにケースにしまうためのテクニックを紹介します。

ケースの左側には左のイヤホンユニット、右側には右のイヤホンユニットが収まります。
最初はコードを反時計回りに巻いて、中央にリモコンパーツを通す必要があります。
しかし、普通に左右のコードを一緒に巻き付けたのでは、写真のように片方のコードがたるんでしまいます。
EarPods
このまま巻き付けていくと、ヘッドホンプラグがケースの角にきてしまい、フタを閉められない場合があります。

これを解消するために、最初に左側ユニットのコードを、時計回りに巻き付けて中央を通します。
ここで紹介するテクニックのポイントは、この一点だけです。
EarPods

つぎに右ユニットのコードを反時計回りに巻いて、リモコンパーツを中央に収めます。
EarPods

こうすると左右のコードの長さが均等になり、ケースに巻き付けやすくなります。
EarPods

ここからは、コードはどちら向きに巻き付けても大丈夫です。
キツめに丁寧に巻き付けていきます。
EarPods

コードをきれいに巻き取れていれば、ケースのふたも閉めやすくなります。
EarPods

関連する豆知識:イヤホン「EarPods」のケースを使って、Lightningショートケーブルを作る

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

1 個のコメント

  • こんな記事探してました!
    リモコンの反対側をリモコンの下に通すのを
    全く思いつきませんでした。
    新品の時の収納を覚えてる人少ないと思います。
    写真付きで分かりやすくて助かります。
    ありがとうございます(*^_^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください