【編集後記】急にボタンが変わったので

iPhoneはモデルチェンジを経ても、ボタンの数と位置は変わったことが無いと、以前の編集後記で書きました。

それが今年のiPhone 6とiPhone 6 Plusでは、とうとう変わってしまいました。
ご存知のとおり、スリープボタンが上側面から右側面に移動したのです。

iPhone 3GとiPhone 6 Plus

大きなサイズのiPhone 6 Plusでは、上にボタンがあったのでは押しにくいために移動したのでしょう。
小さい方のiPhone 6は変える必要が無さそうですが、同じシリーズでデザインに統一感があって良いと思います。
実際に使ってみると、小さい方のiPhone 6でも右手で持った場合は、新しいボタン位置の方が押しやすく感じます。

iPhone 6

iPhone 6に買い替えた直後は、いままでボタンのあった上側面を、間違えて押してしまう方が多いようです。
1日で慣れたという方もいますが、私は数日かかりました。

しかしiPhone 6のボタン位置に慣れると、今度はiPadで、間違えてそこを押すようになってしまいました。
iPadはちょうどその位置にボリュームボタンがあり、スリープさせようとして、誤ってそれを押してしまう。
しばらく間違いを繰り返しているうちに、これも学習して慣れてくると思います。

iPhone 6 PlusとiPad Air

iPhone 6でスリープボタンを押そうとすると、反対側のボリュームボタンも押してしまう現象は、また別の問題なので、今回は触れないでおきます。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~