【豆知識】マナーモード(消音)スイッチの無いiPad Air 2は、コントロールセンターでミュートにする

iPad Air 2

iPad Air 2はこれまでのiPadとは違い、本体横のマナーモード(消音)スイッチがありません。
マナーモードの設定は、画面下からスワイプして引き出す「コントロールセンター」で行います。

コントロールセンターを開いてベルのアイコンをタップすると、消音のオン/オフを切り替えられます。
白くハイライト表示されている状態が、消音オン(音が出ない)モードです。
iPad Air 2のコントロールセンター

音量ボタンや画面上のスライダで、ボリュームを最小まで下げても、画面のロックやパスコード入力などの操作音がなるのでご注意ください。
(操作音の有無は設定で変更可能)

【その他のiPadの場合】

ほかのiPad/iPad mini/iPad Airに搭載されている、ボリュームボタン脇のスイッチは、正式名称は「本体横のスイッチ」です。
設定により、機能を変えることができます。
本体横のスイッチの設定

スイッチの機能を「画面の向きをロック」に設定すると、デバイスの向きを変えても画面が回転しないように、縦向き・横向きに固定できます。
このとき消音の設定は、コントロールセンターで行います。
コントロールセンターの消音設定

デフォルトでは、スイッチの機能は「消音」に設定されています。
コントロールセンターでは、画面の向きのロック/ロック解除ができます。
コントロールセンターの画面の向きをロックする設定

「本体横のスイッチ」が無いiPad Air 2では、この設定項目がありません。
iPad Airのコントロールセンターには、常に「画面の向きをロック」と「消音」のアイコンが表示されています。

【うんちく】

iPadの発売当初、この「本体横のスイッチ」は「画面の向きをロック」用のもので、消音の機能はありませんでした。
iOS 4.2で、このスイッチは「消音」スイッチに変更されました。
おそらくiPhoneとの操作性の統一をはかったものと思われます。
iOS 4.3から、スイッチを「画面の向きをロック」と「消音」の好きな方に設定できるようになりました。

関連する豆知識:iPadの消音スイッチは、画面の回転ロックスイッチとしても使える

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~