【編集後記】製品化を目指してApple Watch充電パッドを自作しました

Apple Watch 自作充電パッド

Apple Watchを載せて充電するための、充電パッドを自作しました。
以前iPad miniケースの自作記事でも使った、パンチングレザーで作っています。

Apple Watch 自作充電パッド
▲ パンチングレザーを、12センチ四方にカッターで切り取ります。

Apple Watch 自作充電パッド
▲ ケーブルを留めるバンドを縫い付けます。
USB端子は通せて、マグネット端子は通らない太さに作ります。

Apple Watch 自作充電パッド
▲ これで一応は形になりました。

Apple Watch 自作充電パッド
▲ 飾りとして、フチにステッチを縫い付けます。

Apple Watch 自作充電パッド
▲ 完成!

Apple Watch 自作充電パッド
▲ 充電パッドがあれば、金属製バンドでも安心して置くことができます。
充電ケーブルが落下して見失うのも防げます。
横置きなので、watchOS 2で搭載される新機能「ナイトスタンドモード」にも対応しています。
ベッドサイドでの毎晩の充電に最適です。

実はこれは、バズハウスデザインが発売している「ガジェットパッド」から着想を得たものです。

バズハウスデザイン イタリアンレザーガジェットパッド Sサイズ
イタリアンレザーガジェットパッド Sサイズ – buzzhouse design

バズハウスデザインさんに「ガジェットパッド」の流れで、Apple Watch用も作って欲しいとお願いしてあります。
その叩き台・サンプルとして作ってみました。
バズハウスデザインなら、レザーやフェルトでカッコいいものを作ってくれるでしょう。

実際に製品化されるかはわかりませんが、もしデザインや機能などでご意見・ご要望があれば、FacebookやTwitterにお寄せください。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~