【編集後記】iPhone 6sを買いました

iPhone 6s ローズゴールド

今年も無事に、iPhoneの新モデルを入手できました。
私が選択したのは、iPhone 6sのローズゴールド、128GBモデルです。

ローズゴールドは、ピンクと表現されることもある色合いで迷うところでしたが、やはり新色を手にしてみたい気持ちが勝りました。
これまでもiPhoneやiPadでは新色を選んでいるので、PerfumeがCMで使っているから選んだわけではありません。
ピンクとは言っても、iPodの濃いピンクとはまったく異なる、明るく上品な色合いです。
環境によっては、普通のゴールドや赤銅色にも見えることがあります。
とても気に入りました。

iPhone 6シリーズ

今回小さいの方の6sを選んだのは、まず第一に、このサイズをメインで使ったことがなかったためです。
この1年間は、5.5インチのiPhone 6 Plusをメインに使っていました。
大きな6 Plusを使い慣れたところで、今度は6sを使ってみようと思いました。
5.5インチ大画面の利便性と、4.7インチの取り回しやすさの、どちらが自分に合っているか、1年後には見極められるはずです。

6sを選んだもうひとつの理由は、ケースのラインナップの豊富さです。
iPhone 6用にケースが発売されても、iPhone 6 Plus用は用意されていないことが多くありました。
特に防水ケースやバッテリーケースは、6 Plus用は少ないですね。
良さそうなケースが使えないという、マイナー機種の寂しさをはじめて味わいました(それでもAndroid用に比べれば、6 Plus用も種類が豊富です)。
6sになって微妙にサイズが変わり、いろんなケースをしっかり検証するためにも、主流である6sが必要でした。
以前レビューをした「Perfumeスマホポーチ」はPlusに対応していなかったから、という理由ではないので誤解無きよう。

iPhoneとしては今回初めてMNPをしたことや、新機能の使い勝手にも触れると長くなるので、それについてはまた改めて書きます。
発売日のApple Storeでいろいろ見つけたこともあるので、最後にツイートを下に貼っておきます。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~