【編集後記】Apple Watchで飛行機に乗る

空港

Apple Watch発売以降、はじめての遠出する機会がありました。
Apple Watchを使った飛行機への搭乗を、やっと試すことができました。

iPhoneの「Wallet」アプリ(iOS 9で「Passbook」から名前が変わりました)に入っているQRコードを、Apple WatchのWalletアプリでも表示できます。
私は楽天トラベルで予約をし、同サービスのアプリからパスを登録しています。

Apple Watchのパス

搭乗時刻が近づくと、iPhoneのロック画面にショートカットが表示されるのと同時に、Apple Watchの通知欄にも現れます。
確認しても消えない通知で、すばやく簡単にQRコードを開けます。

Apple Watchに表示したQRコード

搭乗口のQRコードリーダーは、駅の改札機と同様に、通路の右側にあります。
左腕に装着したApple Watchをかざそうとすると、どうしても不格好になるので、私は腕から外して読み取らせました。
Apple Watchは常に身に付けているので、ポケットから取り出す必要がなく便利に感じました。
小さなApple Watchは、リーダーに当てる狙いも付けやすかったです。

データを読ませたりカギを開けたりなど、Apple Watchはリーダーやスキャナーとの相性がいいようです。
もしこれが普及すると、搭乗口のリーダーの形状も変わってくるでしょうね。
今後Apple Payも日本に上陸して、このCMのように買い物できるようになれば、Apple Watchがかなり便利になるでしょう。

関連記事:【豆知識】Apple WatchとiPhoneの機内モード切り換えは、オフにするとき(飛行機を降りるとき)には連動しない

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~