【編集後記】古き良きiPhoneゲーム「Dizzy Bee」が帰ってきた

Dizzy Bee(ディジー・ビー)

大好きだったiOS用のゲームアプリ「Dizzy Bee」(ディジー・ビー)が、久しぶりにアップデートされたので驚きました。
「Dizzy Bee」は、iPhoneの加速度センサーを使ったパズルゲームです。
Igloo Gamesという独立系の開発チームが製作したアプリで、App Storeがはじまったばかりの、2008年に公開されたものです。
任天堂が手がけたかのような良質なゲームで、このサイトでもレビューをしました。
4インチ画面対応すらせず、更新が停止され、App Storeから消えていました。

Dizzy Bee(ディジー・ビー)

今回のアップデートはバグフィックスとのことで、最新の環境でも遊べるように改善されています。
ただしiPhone 6sでプレイしてみたところ、上のように黒い枠が表示される状態です。
(こんな雑なアップデートでも、審査が通るんだなあ)
でも放置されるよりは、遊べるように更新されたことが嬉しいです。
それから、元々は有料アプリですが、無料化されています。

この「Dizzy Bee」など、Igloo Gamesの5本のゲームが収録された「Igloo Games Arcade」は、現在もApp Storeで販売中です。
「Igloo Games Arcade」なら、上下に黒枠は表示されますが、iPhone 6sでも快適にプレイできます。

それにしても、このような加速度センサーなどを使った「iPhoneならでは」の楽しみ方ができるゲームは、現在はあまり見なくなってしまいました。
この「Dizzy Bee」のほかに、ngmoco社の「Rolando」や、アップルのスペシャルイベントで披露されたセガの「スーパーモンキーボール」など、良質なゲームがApp Storeには多数ありました。
「Rolando」も「スーパーモンキーボール」も、現在はApp Storeにありません。
米国のngmoco社は、日本のDeNAに買収されて、いまはブランド名も残っていません。
課金制ソーシャルゲーム全盛の今日から見ると、iPhone用ゲームにも「古き良き時代」があったなあと、懐かしんでしまいました。

おわりに、なつかしい「Rolando」のプロモーション動画を貼っておきます。(1分40秒)

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS