【新製品】iPhone/Apple Watchでドリンクの温度調節やカフェイン摂取量を把握できるマグカップ「Ember Temperature Control Mug」「Travel Mug」Apple公式サイトで販売開始

Ember Temperature Control Mug/Travel Mug

Apple公式サイトで「Ember Temperature Control Mug」シリーズが販売開始されています。
iPhone/Apple Watchと連携して、飲み物の温度を調節したり、カフェイン摂取量を把握できる、スマートマグです。

マグカップ型の「Mug」と、持ち運びできるタンブラー型の「Travel Mug」の2種類がラインナップされています。
専用の充電コースターに載せて充電します。

Ember Temperature Control Mug/Travel Mug

BluetoothでiPhone/Apple Watchと接続して、専用アプリケーション「Ember – Temperature Matters」を使って、ホットドリンクを保温・温度調節できます。
充電コースターに置いておけば、一日中ドリンクを設定温度に保てます。
内蔵バッテリーでも一定時間、温度を保てます。
アプリケーションをHealthKitと連携させると、カフェインの摂取量を把握できます。

Ember Temperature Control Mug

Ember Temperature Control Mug

  • 1回の充電で、飲み物の温度を1時間保てる
  • 容量295ml
  • 税込10,152円(税別9,400円)
Ember Temperature Control Travel Mug

Ember Temperature Control Travel Mug

  • 1回の充電で、飲み物の温度を2時間保てる
  • 容量355ml
  • 税込18,792円(税別17,400円)

ニュース解説

メーカー公式サイトで、日本語のサポート情報が公開されています:Emberヘルプバー

両製品とも「48.9~62.8℃の発熱温度幅」とされています。
室温に冷めた飲み物を温めることも可能ではあるものの、時間がかかりバッテリー容量を使い切るなど、推奨はされていません。
参考:セラミックマグ:飲み物を室温から温めるのに使用できますか? – Emberヘルプバー
ホットドリンクを入れて、温かさを保つ使い方になります。

電源に繋いだ専用コースターに載せておけば、いつまでも温かいままで保てます。
Healthと連携してカフェイン摂取量を把握できるので、健康的にも役立ちます。
ドリンクのカフェイン含有量を、カップが計測してくれるわけではありません。

Appleでは「Mug」はブラック、「Travel Mug」はホワイトのみの取り扱いで、下のプロモーション動画とは色が異なります。

▼ プロモーション動画

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS