【編集後記】App Storeのエイズデーチャリティ企画は、今年は実施されず

(PRODUCT)RED - Apple

12月1日の世界エイズデーに合わせて、Apple Storeでは今年も(RED)プロジェクトへの寄付企画がスタートしました。

【ニュース】Apple Storeで世界エイズデーのキャンペーン開始。12月7日まで、Apple Payでの買い物ごとに1ドルを(RED)に寄付

2018.12.01

関連記事:【ニュース】Apple Storeで世界エイズデーのキャンペーン開始。12月7日まで、Apple Payでの買い物ごとに1ドルを(RED)に寄付

(PRODUCT)RED - Apple

2014年から毎年恒例となっていた、App Storeのチャリティ企画は、今年は実施されませんでした。
対象アプリの購入代金やアプリ内課金が、全額寄付されるものです。
その期間にしか入手できない限定コンテンツなどが販売され、AppleのGarageBandも参加したことがあります。

エイズデーのキャンペーンが大々的に行われるようになった2014年以降、どんな企画があったのか振り返ってみようと思います。

2014年

Apple Storeの(RED)ステッカー

2015年

iPhone 6s/6s Plusレザーケース (PRODUCT)RED

2016年

iPhone 7 Smart Battery Case・iPhone SEレザーケース (PRODUCT)RED

2017年

Apps for (RED)

以上です。

Apple Store店頭のロゴを赤くするのは、これ以前から行われていました。
今年唯一の企画である、Apple Payでの買い物で1ドル寄付は、2016年以降に毎年実施されています。

今年はApp Storeの企画も、(PRODUCT)REDの新製品もなくて、ちょっと寂しい気がしますね。
とはいえ今回は、iPhoneの最新モデルであるiPhone XRに、(PRODUCT)REDモデルが最初からラインナップされています。
(PRODUCT)REDカラーのアクセサリも、過去最大のラインナップに見えます。

Appleからこれまで(RED)に寄付された2億ドルが、どのように活かされているかも発表されました。

HIV陽性の介護者、アフリカのエイズ撲滅を目指して奮闘中 – Apple (日本)

私たちが利用している(PRODUCT)RED製品が、エイズ撲滅に向けて着実に成果を上げているのは嬉しいことです。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS