【ニュース】Apple Watch用「watchOS 5.1.2」ソフトウェア・アップデート公開。米国で「心電図」アプリが利用可能に

Apple Watch用「watchOS 5.1.2」ソフトウェア・アップデート

Apple Watch用の「watchOS 5.1.2」ソフトウェア・アップデートが公開されています。
watchOS 5.1.1からの変更点は以下(リリースノートから引用)。

このアップデートには、以下の新機能、改善、およびバグ修正が含まれています:

  • Apple Watch Series 4の新しい“心電図”App(米国および米領のみ)。
    • 単極誘導心電図に似た心電図を記録できます。
    • 心拍に心房細動(不整脈の危険な症状)の兆候が見られるか、洞調律(心拍の正常なパターン)であるのかが提示されるようになります。
    • 心電図の波形、分類、および顕著な症状をiPhoneの“ヘルスケア”AppでPDFに保存して、医師に見せることができます。
  • 心房細動の疑いのある心拍異常が検出された場合に、通知を受け取る機能が追加されました(米国および米領のみ)。
  • 非接触型リーダーに触れたときに、Wallet内にあるサポ−ト対象の映画チケット、クーポン、ポイントカードなどに直接アクセスできます。
  • アクティビティの競争中、1日あたりの得点の最大値に達したときに通知とアニメーションによるお祝いが表示されます。
  • インフォグラフに、メール、マップ、メッセージ、友達を探す、ホーム、News、電話、Remoteの新しいコンプリケーションが追加されました。
  • “トランシーバー”で会話可能かどうかをコントロールセンターから管理できるようになりました。

一部の機能は、デバイスや国や地域によっては利用できないことがあります。詳しくは次のWebサイトを参照してください:
https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/HT201222

watchOS 5対応モデル

watchOS 5は、Apple Watch Series 1以降が必要です。
第1世代Apple Watchには対応していません。

watchOSのアップデート方法

アップデート手順

ペアリングしているiPhoneを操作して、Apple Watchをアップデートします。
watchOS 5へのアップデートには、iOS 12のiPhoneが必要です。

iPhoneの「Watch」アプリで
マイウォッチ > 一般 > ソフトウェア・アップデート
を開きます。
「ダウンロードとインストール」をタップして、使用許諾へ同意します。
iPhoneのパスコード入力も求められます。

アップデート時には、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • Wi-Fi接続されている
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

またiPhoneはWi-Fi接続されている必要があります。

公式サポート情報:Apple Watch 上のソフトウェアをアップデートする – Apple サポート

ニュース解説

心電図(ECG)アプリについて、Apple Newsroomでも伝えられています。

ECG app and irregular heart rhythm notification available today on Apple Watch – Apple

Apple Watch Series 4の主要機能のひとつですが、現在は米国でのみ利用できます。
日本では医療機器としての認可が必要になるため、現状では対応が難しそうです。
心電図やインフォグラフ文字盤は、Apple Watch Series 4にのみ対応しています。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~

AnyTrans for iOS