【豆知識】AirPodsを補聴器のように使えるライブリスニング機能。iPhoneのマイクで拾った音声を、AirPodsで聴ける

AirPodsのライブリスニング

AirPodsには補聴器のように使える「ライブリスニング」機能が搭載されています。
iPhoneやiPadのマイクで拾った音声を、AirPodsを通して聴くことができます。

AirPodsのライブリスニング

▲ ライブリスニングはコントロールセンターから起動します。
はじめて使う場合は、
設定 > コントロールセンター > コントロールをカスタマイズ
で、「聴覚サポート」を追加します(+をタップ)。

AirPodsのライブリスニング

▲ AirPodsを装着して、コントロールセンターの耳のアイコン(聴覚サポート)をタップします。

AirPodsのライブリスニング

▲ 「オフ」の部分をタップすると「オン」に変わり、ライブリスニングが始まります。

AirPodsのライブリスニング

▲ 準備ができたら、iPhone/iPad/iPod touchを、話し相手の前に置いてください。
デバイスのマイクで拾われた音声が、AirPodsを通して聞こえます。
ほとんど遅延は無く、直接聞こえる声と混ざっても違和感はありません。
AirPodsは片方だけでも使用できます。

AirPodsのライブリスニング

▲ コントロールセンターの画面に、キャッチしている音声の大きさがゲージで表示されます。

AirPodsのライブリスニング

▲ デバイスの音量を調節すれば、聴こえる大きさを変えられます。
音量の上げすぎには注意してください。

AirPodsのライブリスニング

▲ 画面をスリープさせたり、何かアプリを使っても、ライブリスニングは継続されます。
ライブリスニング使用中は、メニューバーの一部が赤く表示されます。
ここをタップすることで、コントロールセンターの「聴覚サポート」画面に戻れます。

AirPodsのライブリスニング

▲ 「聴覚サポート」画面の「オン」をタップすると、オフに変わってライブリスニングが終了します。
AirPodsを充電ケースに戻すだけでも終了になります。
途中で音楽を再生したり、電話を着信すると、ライブリスニング機能は中断されます。

AirPodsのライブリスニング

▲ もしライブリスニングが「現在のオーディオのルートでは使用できません」と表示される場合は、音楽などのオーディオ出力先をAirPodsに切り替えると、使えるようになります。

ライブリスニングは、騒がしい場所での会話をサポートしたり、ほかの部屋の会話を聞きたい場面などでも使用できます。
サードパーティ製の「Made for iPhone」認定を受けた補聴器でも、ライブリスニング機能が使えます。
AirPodsでライブリスニングを使うには、iOS 12以降が必要です。

公式サポート情報

関連する豆知識

【豆知識】AirPodsのダブルタップで、曲送り・曲戻しが可能に。右側と左側で、異なる動作も設定可能(iOS 11)

2017.09.30

AirPodsのダブルタップで、曲送り・曲戻しが可能に。右側と左側で、異なる動作も設定可能

【豆知識】キーボードによるテキスト入力で、Siriに頼み事をする

2017.12.23

キーボードによるテキスト入力で、Siriに頼み事をする

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~