【豆知識】AirPodsの世代を調べる方法。モデル番号がA1〜は第1世代、A2〜は第2世代

AirPods

AirPodsには、第1世代と第2世代の2種類があります。
デザインや形状はまったく同じで、外観では見分けられません。
区別するには、モデル番号を調べる必要があります。

AirPodsの世代ごとのモデル番号

第1世代は、モデル番号が「A1523」「A1722」です。
第2世代は、モデル番号が「A2032」「A2031」です。

AirPodsのモデル番号

A1〜の場合は、「AirPods 1st generation」で第1世代、
A2〜の場合は、「AirPods 2nd generation」で第2世代、
と覚えられます。

モデル番号を調べるには、同期したiPhoneなどの画面で確認する方法と、本体の刻印を読む方法の、2通りがあります。

iOSデバイスの画面で、モデル番号を確認する

AirPodsとiOSデバイスを同期させると、iOSデバイスの設定画面で、モデル番号を確認できます。

AirPods設定画面

AirPodsと接続中のiOSデバイスで、
設定 > 一般 > 情報 > AirPodsを開くと、
モデル番号が表示されています。

AirPods本体の刻印で、モデル番号を確認する

AirPodsに記載されているモデル番号

AirPodsの耳に入れる部分の下に、小さく薄い文字で情報が記載されています。
1行目にモデル番号が書かれています。
シリアル番号や製造国も、ここに併記されています。
とても読みにくいので、同期したデバイスの画面で確認する方が簡単です。

充電ケースは?

AirPods充電ケースの種類

AirPods充電ケースには、普通の「Lightning Charging Case」と、ワイヤレス充電もできる「Wireless Charging Case」の2種類があります。
LEDランプの位置で見分けられます。

  • Lightning Charging Case:蓋の内側にLEDランプ
  • Wireless Charging Case:外側正面にLEDランプ

「Wireless Charging Case」とセットで販売されているAirPodsは、第2世代のみです。

公式サポート情報

AirPods のモデルを調べる – Apple サポート

関連する豆知識

様々なAirPods

【豆知識】AirPodsの種類

2019年3月31日

AirPodsの種類

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~