【レビュー】プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

Apple Watch用の交換バンド「プライドエディションスポーツループ」をレビューします。
スポーツループを、レインボーカラーのストライプに仕上げた特別モデルです。

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

▲ 「プライドエディション」バンドは2016年6月に初登場し、最初は非売品でした。

  • 2016:米国で開催されたLGBTイベント「プライド・パレード」で、参加した従業員にApple社から贈呈
  • 2017:期間限定で発売
  • 2018(写真左):新デザインで発売。同じデザインの文字盤も登場

2018年まではバンドの種類は、ウーブンナイロンでした。
しかしウーブンナイロンバンドは、2018年9月で全モデルが販売終了になっています。
そのため2019年のプライドエディションバンドでは、初めてスポーツループが採用されました。
プライドエディションバンドは、購入金額の一部がLGBTQ支援団体に寄付されます。

【レビュー】プライドエディションウーブンナイロン Apple Watchバンド(2018)

2018年6月9日

関連記事:【レビュー】プライドエディションウーブンナイロン Apple Watchバンド(2018)

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

▲ スポーツループは通常モデル(写真左)を以前レビューしています。

Apple Watch スポーツループバンド

【レビュー】Apple Watch スポーツループバンド(一カ月使用・10回洗濯後レビュー)

2017年10月28日

関連記事:【レビュー】Apple Watch スポーツループバンド(一カ月使用・10回洗濯後レビュー)

「プライドエディション」は、製品仕様や使い勝手は通常版と同じです。
今回は「写真レビュー」として、プライドエディション固有の特徴を中心にお伝えします。

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

▲ Apple Watchと接続するラグは赤色です。
適合するケースのサイズと、「PRIDE 2019」の文字が内側に貼られています。

44mmケース用と、40mmケース用の、2サイズがあります。
44mmケース用は、Series 3までの42mmケースにも適合します。
同様に40mmケース用は、Series 3までの38mmケースにも使えます。

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

▲ シルバーアルミニウムケースのApple Watch Series 4に装着したところ。
2016年に従業員に提供され、2017年に発売された、初代プライドバンドに似たデザインに戻りました。

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

▲ バンドと画面をコーディネートできる、「プライド」デザインの文字盤が提供されています。
iPhoneの「Watch」アプリで、文字盤ギャラリーから追加できます。
これは「プライドデジタル(2019)」。
ストライプ柄が波打ちながら表示されます。
タップすると、タップした場所から波紋が広がります。

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

▲ 「プライドデジタル」文字盤では、2018年版のデザインも引き続き提供されています。
「プライドデジタル」には、コンプリケーションは置けません。

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

▲ 今年のプライド文字盤には、2種類のアナログ時計も登場しました。
これは「プライドアナログ」の「フルスクリーン」版。
これも波打って表示されます。
表示のたびに、ストライプの配色が変わります。

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

▲ もうひとつのアナログ文字盤は「円形」です。
こちらは4つのコンプリケーションを置けます。
配色の変化に合わせて、コンプリケーションのアイコンの色も変わります。

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

▲ 実際に身につけてみます。
鮮やかな7色のストライプが、眩しく見えます。
ファッションのワンポイントとしても良さそうです。

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

▲ スポーツループは通気性がよく、ムレにくい特徴があります。
汚れが気になったら、洗濯機で洗濯もできます。
伸縮性もあり、腕へのフィット感がよく、私はかなり気に入っています。

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

▲ スペースグレイのApple Watchにも装着してみます。
ラグがホワイトだった2018年モデルよりも、違和感がありません。

まとめ

プライドエディションスポーツループ Apple Watchバンド(2019)

Apple Watch用「プライド」バンドの第3弾です。
今回からスポーツループに変わり、洗濯もできて扱いやすくなりました。
明るくカラフルなバンドは、音楽フェスやスポーツシーンにも似合いそうです。
LGBTフレンドリーな意思表示ができ、寄付にもなる、Appleらしさも感じさせるバンドです。

Apple Watch用バンド「プライドエディションスポーツループ」は、Apple StoreとApple公式サイトで購入できます。
価格は税込6,264円(税別5,800円)です。

販売ページ:Apple公式サイト

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~