【ニュース】「watchOS 6.0.1」ソフトウェア・アップデート公開

watchOS 6.0.1 ソフトウェア・アップデート

Apple Watch用の「watchOS 6」ソフトウェア・アップデートが公開されています。
watchOS 6にアップデートされている場合は、今回からApple Watch単独でもアップデートできます。
watchOS 6からの変更点は以下(リリースノートから引用)。

watchOS 6.0.1 optimizes performance, provides security updates, and contains improvements and bug fixes, including:

  • Resolves an issue where the Mickey Mouse and Minnie Mouse watch face does not speak time
  • Addresses an issue where the calendar complication may not display events
  • Fixes a bug that could result in a loss of display calibration data

For information on the security content of Apple software updates, please visit this website:
https://support.apple.com/kb/HT201222

watchOS 6対応モデル

現時点で提供されているwatchOS 6は、Apple Watch Series 3以降にのみ対応しています。
Series 1とSeries 2には、「今年の秋に利用できるように」「年内に対応する見込み」とされています。
第1世代のApple Watchには対応していません。

watchOSのアップデート方法

アップデート手順

ペアリングしているiPhoneを操作して、Apple Watchをアップデートします。
watchOS 6以降へのアップデートには、iOS 13のiPhoneが必要です。

iPhoneの「Watch」アプリで
マイウォッチ > 一般 > ソフトウェア・アップデート
を開きます。
「ダウンロードとインストール」をタップして、使用許諾へ同意します。
iPhoneのパスコード入力も求められます。

アップデート時には、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • Wi-Fi接続されている
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

またiPhoneはWi-Fi接続されている必要があります。

watchOS 6にアップデート以降は、Apple Watch単体でアップデートができます。
Apple Watchの
設定 > 一般 > ソフトウェア・アップデート
で「ダウンロードとインストール」をタップします。

公式サポート情報:Apple Watch をアップデートする – Apple サポート

ニュース解説

ミッキーマウスとミニーマウスが時刻を読み上げない問題、カレンダーのコンプリケーションがイベントを表示しない問題、ディスプレイのキャリブレーションデータが消去される問題が修正されています。
watchOS 6にアップデート済みなら、iPhoneを使わない、Apple Watch単体でのアップデートを今回から試せます。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~