【豆知識】iPhoneで「ナイトモード」で撮影できる条件。iPhone 11シリーズ限定、超広角レンズとLive Photosは不可など

ナイトモード撮影

iPhoneのカメラには、暗いところでも美しい写真を撮影できる「ナイトモード」が搭載されています。
ナイトモードはユーザーが操作をしなくても、必要なときに自動でオンになります。

ナイトモード撮影

暗い場所でカメラを構えた際に、月のアイコンが黄色く点灯したときが、ナイトモードで撮影されています。
ナイトモードのアイコンをタップして「オフ」にしたり、シャッタースピードを「自動」または「最大」に切り替えられます。

ナイトモードで撮影できるのは、以下の条件が揃ったときのみです。

  • iPhone 11シリーズを使う
  • 暗いところで撮影する
  • 超広角レンズではない
  • Live Photos撮影モードではない
  • 自撮りカメラではない

ひとつずつ詳しく解説します。

iPhone 11シリーズを使う

ナイトモードは画像処理で実現されています。
ナイトモードでシャッターを切ると、複数の画像が記録されて、それを合成して1枚の写真に仕上げます。
この高度な処理には、最新の「A13 Bionicチップ」が必要です。
A13 Bionicチップを搭載しているのは、iPhone 11とiPhone 11 Pro/11 Pro Maxだけです。

暗いところで撮影する

ナイトモードは、明るさが足りない場所で、美しい写真を撮るための機能です。
十分に明るい場所・暗くない場所では、機能しません。
たとえ夜景であっても、明かりが多数ある場合は、機能しないことがあります。
また露出を下げて、暗い写真を撮ろうとした場合にも、オフになることがあります。

超広角レンズではない

超広角レンズでは、ナイトモードは機能しません。
ナイトモードはシャッタースピードが遅くなるために、カメラレンズの光学式手ぶれ補正機能が必須です。
iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの超広角レンズには、光学式手ぶれ補正機能がありません。
ナイトモードには、1x(広角)または2x(望遠)モードを使う必要があります。

Live Photos撮影モードではない

ナイトモードは1秒から最大30秒間、シャッターを開いて撮影されます。
シャッターを切った瞬間の、前後数秒間をビデオで残す、Live Photoには対応していません。

自撮りカメラではない

TrueDepthカメラ(自撮りカメラ)で撮影するセルフィーには、ナイトモードはありません。

パノラマ、ポートレートモード、ビデオ、スロー、タイムラプスにも、ナイトモードはありません。

公式サポート情報

関連する豆知識

iPhone 11でバーストモード撮影

【豆知識】iPhone 11/11 Proでバーストモード(連写)で写真撮影する方法

2020年1月5日

iPhone 11/11 Proでバーストモード(連写)で写真撮影する方法

【豆知識】パノラマ撮影は2度目のシャッターボタンを押さなくても、iPhone/iPadを逆向きに動かせば止められる

2018年4月14日

パノラマ撮影は2度目のシャッターボタンを押さなくても、iPhone/iPadを逆向きに動かせば止められる

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~