【ニュース】Macのプロセッサを自社開発の「Appleシリコン」へ移行。年内に搭載Macを発売予定

自社製シリコンを搭載したMacBook Proのイメージ

AppleがMacに搭載するプロセッサを、独自に開発した「Appleシリコン」に移行することを発表しています。

プレスリリース:Apple、MacにAppleシリコンを搭載することを発表 – Apple (日本)

自社製シリコンを搭載したMacBook Proのイメージ

これまでIntel製を採用してきたMacのプロセッサを、自社開発品に置き換えるものです。
iPhone/iPadと同じアーキテクチャをMacにも採用することで、Apple製品向けのアプリケーション開発がこれまでより容易になります。

今秋公開予定のmacOS Big Surには、変換テクノロジー「Rosetta 2」が搭載されています。
Intel搭載Mac向けに作られたアプリケーションも、Rosetta 2を通すことで、Appleシリコンで動作します。

Appleシリコンを搭載した最初のMacは、年内の出荷が予定されています。
Intel搭載Macも引き続き発売が予定されています。
移行期間は2年と想定されています。

開発者向けにAppleシリコン搭載Macを試せる「Quick Start Program」が用意されています。
A12Z Bionic SoCを搭載したMac miniが貸与されます(要返却)。
参加費用は500ドルです。

ニュース解説

WWDC 2020基調講演の最後に発表されたものです。
iPad Proにも採用されているA12Z Bionicのチップで、macOS Big Surが動作するデモが披露されました。
PowerPCの採用、Mac OS Xへの転換、Intelへの移行という、過去の大きなアップデートの続く変革とされています。
「Rosetta」(ロゼッタ)はIntelプロセッサを採用した際にも、変換技術で採用された名前です。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~