【ニュース】Macのプロセッサを自社開発の「Appleシリコン」へ移行。年内に搭載Macを発売予定

自社製シリコンを搭載したMacBook Proのイメージ

AppleがMacに搭載するプロセッサを、独自に開発した「Appleシリコン」に移行することを発表しています。

プレスリリース:Apple、MacにAppleシリコンを搭載することを発表 – Apple (日本)

自社製シリコンを搭載したMacBook Proのイメージ

これまでIntel製を採用してきたMacのプロセッサを、自社開発品に置き換えるものです。
iPhone/iPadと同じアーキテクチャをMacにも採用することで、Apple製品向けのアプリケーション開発がこれまでより容易になります。

今秋公開予定のmacOS Big Surには、変換テクノロジー「Rosetta 2」が搭載されています。
Intel搭載Mac向けに作られたアプリケーションも、Rosetta 2を通すことで、Appleシリコンで動作します。

Appleシリコンを搭載した最初のMacは、年内の出荷が予定されています。
Intel搭載Macも引き続き発売が予定されています。
移行期間は2年と想定されています。

開発者向けにAppleシリコン搭載Macを試せる「Quick Start Program」が用意されています。
A12Z Bionic SoCを搭載したMac miniが貸与されます(要返却)。
参加費用は500ドルです。

ニュース解説

WWDC 2020基調講演の最後に発表されたものです。
iPad Proにも採用されているA12Z Bionicのチップで、macOS Big Surが動作するデモが披露されました。
PowerPCの採用、Mac OS Xへの転換、Intelへの移行という、過去の大きなアップデートの続く変革とされています。
「Rosetta」(ロゼッタ)はIntelプロセッサを採用した際にも、変換技術で採用された名前です。

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~