【ニュース】Appleが米国国立公園の支援企画を実施。8月30日(日)にはApple Watchのアクティビティチャレンジ開催

Apple Watch 国立公園チャレンジのバッジ

Appleが米国国立公園の支援企画を発表しています。

ニュースリリース:Apple celebrates national parks’ 104th birthday with new ways to support the National Park Foundation – Apple

グレイシャー国立公園の風景

8月25日の、米国国立公園局の設立104周年を記念して実施されるものです。
8月24日から30日までに米国で、Apple Storeや公式サイトでApple Payで買い物をすると、毎回10ドルが公園財団に寄付されます。

Apple TV

Apple TVアプリ、Apple Music、App Storeでは、国立公園にちなんだ特集が公開されています(米国向け)。

Apple Watch 国立公園チャレンジのバッジ

8月30日(日)には、Apple Watchのアクティビティで国立公園チャレンジが実施されます。
ランニング、ウォーキング、ハイキング、車椅子で、1マイル(1.61km)の運動を達成すると、専用のバッジとiMessage用ステッカーがもらえます。

公立公園チャレンジでもらえるステッカー

ニュース解説

アクティビティチャレンジは、日本を含む全世界のユーザーが対象です。
2017年以降、同様の企画が毎年行われており、今回で4回目となります。

【ニュース】Appleが7月に米国国立公園の支援企画を実施。7月15日にApple Watchのアクティビティチャレンジ達成で、バッジとiMessage用ステッカー進呈

2017年6月30日

関連記事:【ニュース】Appleが7月に米国国立公園の支援企画を実施。7月15日にApple Watchのアクティビティチャレンジ達成で、バッジとiMessage用ステッカー進呈

【ニュース】Appleが米国国立公園の支援企画を今年も実施。9月1日にApple Watchのアクティビティチャレンジ達成で、バッジとiMessage用ステッカー進呈

2018年8月23日

関連記事:【ニュース】Appleが米国国立公園の支援企画を今年も実施。9月1日にApple Watchのアクティビティチャレンジ達成で、バッジとiMessage用ステッカー進呈

Apple Watch 国立公園チャレンジ2019

【ニュース】Appleが米国国立公園の支援企画を実施。8月25日にApple Watchのアクティビティチャレンジ達成で、バッジとiMessage用ステッカー進呈

2019年8月20日

関連記事:【ニュース】Appleが米国国立公園の支援企画を今年も実施。9月1日にApple Watchのアクティビティチャレンジ達成で、バッジとiMessage用ステッカー進呈

米国でのApple Store + Apple Payでの寄付も毎年恒例です。
2017年、18年は、1回の買い物ごとに1ドルの寄付でした。
昨年からは10ドルに増額されています。

アクティビティチャレンジは感染症や暑さに配慮してか、達成条件が昨年の4.8km(3マイル)の三分の一になっています。
2017年は5.6kmの距離、2018年は50分以上の運動が達成条件でした。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~