【編集後記】AppleマップのLook Around機能で、国内のApple Storeを巡る

Look Aroundで見るApple Store

AppleマップのLook Around機能が、日本の地図上でも使えるようになりました。

Look Around

【ニュース】Appleマップで周囲を見回す「Look Around」機能が、日本の地図で利用可能に

2020年8月5日

関連記事:【ニュース】Appleマップで周囲を見回す「Look Around」機能が、日本の地図で利用可能に

画像が精細で美しく、動きも滑らかです。
地図の上でどちらを向いているのか、わかりやすくて使いやすいですね。
対応エリアはまだ少ないので、はやく全国に広がって欲しいです。

この機能を試すために、国内のApple Store各店を見てみました。
いろんな発見もあったので紹介します。

Look Aroundで見るApple Store

Apple銀座。
エントランスに消毒液のポンプが見えるので、今年撮影されたようです。

Look Aroundで見るApple Store

離れた位置からなら、屋上の看板も見られます。
このような回転看板は、世界のApple Storeで銀座だけだそうです。

Look Aroundで見るApple Store

Apple渋谷。
2階、3階の様子も見えます。

Look Aroundで見るApple Store

渋谷では歩行者による撮影も行われています。
歩道に上がってみると、6月の営業再開後の、短縮営業のアナウンスが貼られていました。

Look Aroundで見るApple Store

Apple表参道。
巨大なビデオウォールが置かれているのが見えるので、昨年9月のリニューアルオーブン後に撮影されたとわかります。

Look Aroundで見るApple Store

Apple新宿。
ビデオウォールに表示されている文字が、読めるぐらい鮮明に写っています。

Look Aroundで見るApple Store Look Aroundで見るApple Store

Apple丸の内。
ここはオープン後と工事中の画像が混在しています。
移動と同時にタイムスリップことがあります。

Look Aroundで見るApple Store

Apple川崎。
ラゾーナ川崎プラザの中までは、撮影されていませんでした。
外から眺めるしかありません。

Look Aroundで見るApple Store

Apple心斎橋。
店の外に並んでいるひとが見えます。

Look Aroundで見るApple Store

心斎橋は渋谷と同じく、歩行者での撮影もされています。
足元に目を落とすと、Appleマップ撮影マンの影が見えます。

Look Aroundで見るApple Store

Apple名古屋栄。
右側のバリケードは何かと思ったら、ビルにバスケットを吊り下げて、窓の清掃か点検の作業中でした。

Look Aroundで見るApple Store

名古屋栄のガラスには、Appleマップ撮影カーがくっきりと映り込んでいます。

Look Aroundで見るApple Store

Apple京都。
横の小路から、店舗の中が綺麗に見えました。

Look Aroundで見るApple Store

もちろん正面から見ることもできます。

以上です。
福岡でも撮影が始まっているようですが、Apple福岡はまだ見られませんでした。
福岡は、地図を立体的に俯瞰できるFlyoverにもまだ対応していないのが意外でした。

Look Around対応エリアがハイライト表示されたマップ

Look Aroundを表示して、地図を縮小していくと、対応しているエリアがわかります。
まだまだ、ほんのごく一部のエリアでしか提供されていません。
考えてみると、道路をくまなく走り回るというのは、途方もない距離になります。
Googleストリートビューに追いつくのは、いつになるでしょう。

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~