【豆知識】iPhoneで聞き取った車の音や、赤ちゃんの泣き声、警告音などを通知する、聴覚サポート機能「サウンド認識」

サウンド認識の通知画面

iOS 14/iPadOS 14では、聴覚をサポートする新しいアクセシビリティ機能「サウンド認識」を利用できます。
iPhone/iPod touch/iPadで、サイレンなどの警告音や、赤ちゃんの泣き声、ドアベルの音、車のクラクション、犬・猫の鳴き声を認識すると、通知して教えてくれます。

サウンド認識の設定

▲ 利用するには、
設定 > アクセシビリティ
の「聴覚サポート」欄にある、「サウンド認識」をオンにします。

サウンド認識の、Hey Siriに関する警告

▲ 「サウンド認識」をオンにした場合は、「Hey Siri」機能は使えなくなります。

サウンドの種類

▲ 「サウンド」の中から、通知してほしい音を選んでオンにします。
「電気器具」には3種類の音が含まれることになっています。

サウンド認識の警告

▲ 設定したサウンドが認識されると、デバイスに通知されます。

サウンド認識のApple Watchへの通知

▲ Apple Watchでも通知を受け取れるので、すばやく把握できます。

サウンド認識のスヌーズ

▲ 似ている音や、テレビの音声などが認識されてしまうこともあります。
一定時間、通知が必要ない場合は、5分、30分、2時間のスヌーズができます。
Apple Watchの通知からも操作できます。

サウンド認識をコントロールセンターからオン/オフする

▲ 「サウンド認識」は、コントロールセンターで機能のオン/オフもできます。
コントロールセンターのアイコンを長押しすると、認識する項目を選択したり、設定を開くことができます。

サウンド認識のドアベルの警告

▲ ドアベル(玄関のチャイム)を通知してくれる項目もあります。
ヘッドホンなどで音楽を聴いていても来客に気づかせてくれるので、聴覚に障害がなくても利用できる機能です。

補足

設定画面では、
“危害を受けたり、負傷したりする可能性がある場合、危険性の高い場面、緊急事態、またはナビゲーション中などの状況下では、サウンド認識に頼ることはおやめください”
とされています。

公式サポート情報

関連する豆知識

【豆知識】キーボードによるテキスト入力で、Siriに頼み事をする

2017年12月23日

キーボードによるテキスト入力で、Siriに頼み事をする

AirPodsのライブリスニング

【豆知識】AirPodsを補聴器のように使えるライブリスニング機能。iPhoneのマイクで拾った音声を、AirPodsで聴ける

2019年2月10日

AirPodsを補聴器のように使えるライブリスニング機能。iPhoneのマイクで拾った音声を、AirPodsで聴ける

Powerbeats Proのライブリスニング機能

【豆知識】Powerbeats Proは補聴器のように使えるライブリスニング機能に対応。iPhoneのマイクで拾った音声を、Powerbeats Proで聴ける

2019年7月21日

Powerbeats Proは補聴器のように使えるライブリスニング機能に対応。iPhoneのマイクで拾った音声を、Powerbeats Proで聴ける

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~