【豆知識】MagSafe対応マグネットを内蔵していない普通のiPhoneケースでも、MagSafe充電器で充電できる。ただしレザーケースは注意が必要

MagSafe充電器とiPhoneケース

「MagSafe対応」のマグネットを内蔵していない、普通のiPhoneケースを使っていても、MagSafe充電器が使える場合があります。

※ この記事では以下、MagSafeシステム用のマグネットを内蔵したケースを「MagSafeケース」、そうではないケースを「普通のケース」と呼びます。

MagSafe充電器とは

MagSafe充電器とiPhone 12 Pro

MagSafe充電器は、iPhone 12と12 Proシリーズにマグネットでくっつけられる、ワイヤレス充電器です。
その他のiPhoneやAirPodsでも、Qiワイヤレス充電器として使うことができます。

MagSafe充電器とiPhoneケース

現在AppleとOtterBoxからは「MagSafeケース」と呼ばれる仕様の、マグネットを内蔵したiPhoneケースが発売されています。
ケースをつけていない裸のiPhoneと同じように、MagSafe充電器などをくっつけられます。

普通のケースはMagSafe充電器を使えないの?

MagSafe充電器とiPhoneケース

厚みが大きかったり、金属製じゃなければ、マグネットが入っていない普通のケースでも、MagSafe充電器を使えます。
ただし充電器を吸着させる磁力が弱くなるので、位置が合わせにくかったり、外れやすかったりします。

背面に落下防止リングを搭載していたり、カードケースを備えたタイプのケースは、そもそもワイヤレス充電には不向きです。
ケースの厚みが充電性能に影響を与える可能性もありますが、それはマグネット入りのMagSafeケースでも同じことです。

ではMagSafeケースを使う意味は?

MagSafe充電器とiPhoneケース

マグネット入りのMagSafeケースなら、MagSafe充電器がくっつきやすいです。
コイルの位置がズレないので、安定して充電ができます。
MagSafe充電器をくっつけて充電しながら、iPhoneを持ち上げて操作できます。

MagSafe充電器とiPhoneケース

カードケース「レザーウォレット」のようなアクセサリーも、MagSafeケースなら、しっかりとくっつきます。

BelkinのMagSafe充電スタンドと車載スタンド

ベルキンから発売予定のMagSafe充電スタンドや、車載充電スタンドも、MagSafeケースを使う方がいいでしょう。
このような製品を普通のケースで使おうとすると、吸着力が弱くて、iPhoneが落ちてしまう可能性があります。

MagSafe充電器 + レザーケースは注意が必要

MagSafe対応レザーケース

Appleは公式サポートページで、レザーケースを装着したiPhoneをMagSafe充電器で充電したままにすると、ケースに円形の跡が残ることがあると注意を促しています。
Apple純正のMagSafe対応iPhone 12/12 Pro用レザーケースは、11月6日から販売開始予定と発表されています。

公式サポート情報

関連する豆知識

Apple 20W USB-C電源アダプタ

【豆知識】iPhone 12/12 Proの高速充電には、20W以上の電源アダプタが必要

2020年10月22日

iPhone 12/12 Proの高速充電には、20W以上の電源アダプタが必要

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~