【豆知識】iPhone 12 Studioにエラーが出ると、懐かしのSad Macが表示される

iPhone 12 StudioとSad Mac

「iPhone 12 Studio」のサービスにエラーが出ると、懐かしいSad Macのアイコンが表示されます。

iPhone 12 Studio

iPhone 12 Studio」はApple公式のウェブサービスです。
iPhone 12/12 Proシリーズと、ケース、レザーウォレットを、好きなカラーバリエーションで組み合わせて、仕上がりをシミュレートできます。
作った組み合わせの画像をダウンロード保存できます。

iPhone 12 Studioに表示されたSad Mac

「iPhone 12 Studio」のサイトで何らかのエラーが起きると、「Sad Mac」が表示されます。
「Sad Mac」は昔のMacで、システムエラーが起きた際に使われていたアイコンです。

書籍「SUSAN KARE ICONS」の「Happy Macintosh」

かつてのMacは正常に起動すると、笑顔のMacのアイコン、通称「Happy Mac」が画面に表示されました。
システムに問題が発生し起動できない場合は、泣き顔の「Sad Mac」が、エラーコードと合わせて表示されました。
(写真は書籍「SUSAN KARE ICONS」より)

「iPhone 12 Studio」でSad Macが現れる条件は不明です。
iOSのSafariで開いたままにして離脱し、再度アクセスした場合などに表示されることがあります。
アイコン画像はサーバーの「https://experience.apple/iphone/images/error.png」にあります。

書籍「SUSAN KARE ICONS」収録画像との比較

Happy MacやSad Macのアイコンは、スティーブ・ジョブズ率いるMacintosh開発チームの一員だった、スーザン・ケア氏がデザインしたものです。
「iPhone 12 Studio」で使われているアイコンは、スーザン・ケア氏がデザインしたものとは改変され、底部の線が厚くなっています。
(写真左は書籍「SUSAN KARE ICONS」より。スーザン・ケア氏の出版した公式画集で、同書では「Happy Macintosh」「Unhappy Macintosh」となっている)

かつてのiPodでも、起動に失敗すると「Sad iPod」が表示されるものがありました。

公式サポート情報

関連記事

iPhone 12 Studio

【ニュース】Appleが「iPhone 12 Studio」公開。iPhone 12/12 Proとケース、レザーウォレットを組み合わせて、画像をダウンロードできる #iPhone12studio

2020年11月8日

【ニュース】Appleが「iPhone 12 Studio」公開。iPhone 12/12 Proとケース、レザーウォレットを組み合わせて、画像をダウンロードできる #iPhone12studio

1枚からオリジナル保護シート・フィルム作りまっせ!あなたの端末を貸してください! | ビザビ・京都室町通信

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~