【豆知識】AirPods Max・Beats Solo Proを、オーディオプレーヤーと有線接続する方法(有線モードの使い方)

AirPods MaxとiPod

AirPods MaxとBeats Solo Proは、Bluetoothに対応していないオーディオプレーヤーと有線接続して、音楽を聴くこともできます。
別売りオプションの「Lightning – 3.5mmオーディオケーブル(1.2m)」が必要です。

有線モードの使い方

AirPods Max

AirPods MaxまたはSolo Proの充電コネクタ(Lightning端子)にLightning – 3.5mmオーディオケーブルを接続すると、ヘッドフォンのBluetoothがオフになります。
デバイスの画面でバッテリー残量を確認したり、デバイスからノイズキャンセリングモードを切り替えることは、できなくなります。

AirPods Max

3.5mmプラグ側を、オーディオプレーヤーに接続します。
ヘッドフォン端子のないiPhoneやiPadに接続する場合は、アダプタが必要です。
ヘッドフォンのバッテリー残量がゼロの場合は、有線接続でも使えません。

AirPods Max

ヘッドフォン上のリモコン機能は使えません。
音楽の操作や、Siriの呼び出し、電話への応答は、デバイス本体を操作します。
AirPods Maxは、デジタルクラウンを回して音量調節ができます。
Solo Proの場合は、ヘッドフォンでは音量調節もできません。

ノイズキャンセリングモードの切り替えは、ヘッドフォン上のボタン操作で行います。

ほかのケーブルやアダプタは使えない

AirPods Max

AirPods MaxとBeats Solo Proの有線接続に使えるのは、Apple純正の「Lightning – 3.5mmオーディオケーブル(1.2m)」だけです。
それも正しい向きに接続する必要があります

AirPods Max

▲ 「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を使って、iPhoneなどに逆向きに接続した場合は、認識されません。
ふつうのオーディオケーブルの両端に「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を接続しても使えません。

AirPods Max

▲ Apple Storeでも販売されている、ベルキン社製の同じ構造のケーブル「Belkin 3.5mm Audio Cable with Lightning Connector」は使えません。

AirPods Max

▲ 有線で音楽を聴きながら、ヘッドフォンを充電することはできません。
BelkinのLightning分岐アダプタを使っても、音楽を聴くことはできません。

AirPods Max

▲ 「USB-C – Lightningケーブル」を使ってiPadと接続しても、オーディオ出力はされません。
この場合はiPadのバッテリーでヘッドフォンが充電されます。

公式サポート情報

関連する豆知識

AirPods ProとiPhone

【豆知識】AirPods ProとAirPods Maxの「空間オーディオ」「ダイナミックヘッドトラッキング」機能の動作条件

2020年12月13日

AirPods ProとAirPods Maxの「空間オーディオ」「ダイナミックヘッドトラッキング」機能の動作条件

Smart Caseに収納したAirPods Max

【豆知識】AirPods Maxは電源オフにはできない。5分使わずにおくか、Smart Caseに収納することで低電力〜超低電力モードに

2020年12月20日

AirPods Maxは電源オフにはできない。5分使わずにおくか、Smart Caseに収納することで低電力〜超低電力モードに

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~