【ニュース】Apple Watch用「watchOS 7.3」ソフトウェア・アップデート公開。日本でも心電図が測定可能に

Apple Watch用「watchOS 7.3」ソフトウェア・アップデート

Apple Watch用の「watchOS 7.3」ソフトウェア・アップデートが公開されています。
watchOS 7.2からの変更点は以下(リリースノートから引用)。

watchOS 7.3には、以下の新機能、機能改善、およびバグ修正が含まれます:

  • “ユニティ”の文字盤: 黒人の歴史を称え、パン・アフリカの旗の色から着想を得たもので、1日を通して身体の動きに合わせて表示が変わり、自分だけの文字盤を作り出すことが可能
  • Apple Fitness+登録者のための“ウォーキングの時間”: “ワークアウト” Appでのウォーキング中にゲストがインスピレーション溢れるストーリーを共有するオーディオ体験
  • 日本、マヨット、フィリピン、およびタイでApple Watch Series 4以降の“心電図” Appに対応
  • 日本、マヨット、フィリピン、台湾、およびタイで不規則な心拍の通知に対応
  • ズーム機能を有効にすると、コントロールセンターと通知センターが反応しなくなることがある問題を修正

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/HT201222

watchOSのアップデート方法

アップデート手順

ペアリングしているiPhoneを操作して、Apple Watchをアップデートします。
watchOS 7以降へのアップデートには、iOS 14のiPhoneが必要です。

iPhoneの「Watch」アプリで
マイウォッチ > 一般 > ソフトウェア・アップデート
を開きます。
「ダウンロードとインストール」をタップして、使用許諾へ同意します。
iPhoneのパスコード入力も求められます。

アップデート時には、Apple Watchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • Wi-Fi接続されている
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

またiPhoneはWi-Fi接続されている必要があります。

watchOS 7にアップデート以降は、Apple Watch単体でアップデートができます。
Apple Watchの
設定 > 一般 > ソフトウェア・アップデート
で「ダウンロードとインストール」をタップします。

公式サポート情報:Apple Watch をアップデートする – Apple サポート

ニュース解説

医療機器としての認可が必要なため、これまで日本では使えなかった心電図機能が、ついに利用可能になりました。
“日本において、それぞれ管理医療機器(家庭用心電計プログラム)および管理医療機器(家庭用心拍数モニタプログラム)として厚生労働大臣から承認を受けて”いるとのこと。

公式サイト:Apple Watchに心電図アプリケーションと不規則な心拍の通知機能が登場 – Apple

心電図測定機能(ECGアプリケーション)は、Apple WatchのSeries 4、5、6に搭載されています。
Apple Watch SEは対応していません。

不規則な心拍の通知は、Apple Watch Series 3とApple Watch SEにも対応しています。

iPhoneもiOS 14.4にアップデートされている必要があります。
詳しい使い方が、公式ユーザガイドで解説されています。

Apple Watch Black Unity Collection

新しい「ユニティ」文字盤は、2月のBlack History Month(黒人歴史月間)を記念する企画の一環で追加されたものです。
Apple Watch Series 6の「Black Unity Collection」モデルも、2月1日から発売予定になっています。
スポーツバンド単品「Black Unity Sport Band」も発売予定です。
米国と38以上の国と地域で発売予定となっていますが、日本も含まれるかは不明です。

ニュースリリース:Apple celebrates Black History Month – Apple

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~