【豆知識】iPhoneの5G通信の「オート」設定で、バッテリーを節約する(スマートデータモード)

スマートデータモード

5G通信はLTE(4G)通信よりも、iPhoneのバッテリーを多く消費します。
iPhone 12とiPhone 12 Proは、必要なときだけ5G通信することで、バッテリーを節約できる機能「スマートバッテリーモード」を搭載しています。

スマートバッテリーモードを有効にすると、大容量の動画のダウンロードなど、速度が必要な場合にだけ5Gに接続します。
それほど高速通信が必要ないと判断された場合は、バッテリー消費を抑えるLTE接続になります。

音声通話とデータの設定

設定 > モバイル通信 > 通信のオプション > 音声通話とデータ
で、「5Gオート」と書かれているのが、スマートバッテリーモードの設定です。

音声通話とデータの設定

「5Gオン」は、5Gエリア内では常に5G接続する設定で、バッテリー消費がおおきくなる可能性があります。
「4G」は5Gエリア内でも、5Gには接続せずLTE通信を行うものです。

5G通信は、設定項目がもうひとつあります。

データモードの設定

設定 > モバイル通信 > 通信のオプション > データモード
では、アプリがモバイルデータ通信をどの程度使うかを設定できます。
「5Gでより多くのデータを許容」は、データ容量使い放題(無制限)プランの加入者向けです。

公式サポート情報

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Studio Buds | Apple・Mac専門店 | キットカット

TACTISM