【豆知識】「計測」アプリで測った長さに目盛りを表示して、細かい寸法を確認する「ルーラー表示」(iPhone 12 ProとiPad Proのみ)

計測アプリのルーラー表示

iPhone/iPad/iPod touchの「計測」アプリを使えば、カメラでとらえた物の長さを測ることができます。

LiDARスキャナを搭載したiPhoneとiPad Proでは、測った長さに細かい目盛りを表示する、特別な機能「ルーラー表示」を使えます。

iPhoneとiPad Proのライダースキャナ

▲ 「ルーラー表示」に対応しているのは、以下のiPhone/iPad Proです。
背面カメラ部分に「LiDARスキャナ」を搭載したモデルです。

  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro MaX
  • 11インチiPad Pro(第2世代)
  • 12.9インチiPad Pro(第4世代)
計測アプリのルーラー表示

▲ まずは普通に長さを計測します。
長さを測るには、「+」ボタンをタップして、開始位置と終了位置を指定します。

計測アプリのルーラー表示

▲ 対応しているiPhone/iPad Proなら、計測したラインに近寄ると、細かい目盛りが表示されます。
これがルーラー表示です。

計測アプリのルーラー表示

▲ ルーラー表示も、写真に撮って保存できます。
1回の計測で、測った物のより詳しい大きさを保存できます。

計測アプリのルーラー表示

▲ 検証のために定規を測ってみたところ、ある程度正確に測れていることが確認できました。
奥行き方向に対しても、正確に目盛りが割り振られています。

(情報はiOS/iPad OS 14.4時点のものです)

公式サポート情報

関連する豆知識

人との距離を測る機能

【豆知識】iPhone 12 ProとiPad ProのLiDARスキャナで、人との距離を測る

2021年1月17日

iPhone 12 ProとiPad ProのLiDARスキャナで、人との距離を測る

GAIN GARAGE | ゲインガレージ.com - イングレムの公式通販サイト

Apple専門店 キットカット

Spigen JAPAN

buzzhouse design/バズハウスデザイン~ハンドメイドレザーケース~